ジャニーズ百科事典





中谷良



中谷 良(なかたに りょう、本名:中谷良三 〔なかたに りょうぞう〕、1947年9月18日 - )は、東京都渋谷区初台生まれ、同区代々木育ちの元・歌手、俳優。
初代ジャニーズのメンバー。 愛称:良ちゃん、良、良三。 身長:170cm。 4人兄弟の末っ子 (兄2人、姉1人)。




所属事務所

  1. 新芸能学院 「芸研」 (1962年 - 1964年6月28日)
  2. ジャニーズ事務所 (1964年6月29日 - 1967年12月31日。当初は渡辺プロダクションとも業務提携)
  3. 渡辺プロダクション (1968年)
  4. 再びジャニーズ事務所 (1974年の夏から約1年)
  5. JRプロモーション (1977年)


ジャニーズ時代の参加ユニット



学歴

  1. 渋谷区立幡代小学校
  2. 渋谷区立代々木中学校
  3. 私立堀越高等学校
      中谷が堀越高校の芸能人生徒・第一号だとしている文献があるが、それは誤報。 堀越の芸能人第一号は田辺靖雄。
  4. 日本大学芸術学部


来歴

  • 1962年4月、アイドルグループ「ジャニーズ」を結成。 1964年11月5日にレコードデビュー。

  • 1967年12月31日、ジャニーズが解散。 同時にジャニーズ事務所からも退所した。

  • その後、渡辺プロダクションに移籍してバンドを結成するも、活躍できずに終息してしまったため、大阪に出向いて振付師の山田卓の元へ身を預け、2年間に渡りナイトクラブを回って演奏活動をしていた。
    その途中、一時帰京していた1969年3月中旬に、東京・赤坂で交通事故を起こす。 その際、睡眠薬のハイミナールを飲んでおり、無免許で、しかも車が盗難車だと発覚して警察に逮捕された。
    同年12月にはジャニーズ事務所から仕事を貰い受け、後輩のフォーリーブスのミュージカル『オオ・マイ・ママ』にも出演した。

  • 完全に帰京後は、赤坂のディスコ「ミステリーゾーン あなぐら」の店長を2年間務めながら、たまにジャズバー「よいどれ伯爵 六本木店」で歌っていた。 また、1974年の夏から1年ほどジャニーズ事務所に復帰し、後輩のフォーリーブスや郷ひろみのミュージカルに出演。

  • その後、千代田区麹町の芸能事務所「JRプロモーション」に所属し、1977年5月25日に宇崎竜童が作詞・作曲したシングルレコード『悲しきティーンエイジ・アイドル』をリリース。 キャッチフレーズは「甦る湘南ポップス!」だった。

  • 更にその後、長い低迷、沈黙の末、1989年に暴露本『ジャニーズの逆襲』を上梓。 1992年には元・フォーリーブスの北公次主演のVシネマ『怪獣の観た夢』にも出演した。 同じく1990年代には、あおい輝彦のコンサートにも特別ゲストとして出演した。


人物

  • 趣味 - ドラム

  • 父親は国会の自動車運転手だった。


主な出演作品

バラエティ番組

  • シオノギ・ミュージックフェア ’67 (1967年12月18日、フジテレビ) 飯野おさみ、上月晃、木の実ナナと共にゲスト出演
  • 夜のヒットスタジオ (1976年7月19日、フジテレビ)
      あおい輝彦が『あなただけを』を歌う際、飯野おさみと共に応援ゲストとして駆けつけた。 そして3人で即興で、ジャニーズのヒット曲『太陽のあいつ』をワンコーラスだけ披露した。

テレビドラマ

  • 太陽のあいつ (1967年6月22日、TBS)
      第9話「スタントカー大混乱 ! !」に、スタントマン志望の若者・良一役でゲスト出演。 ドラマ主題歌『太陽のあいつ』もジャニーズが歌唱。

映画

  • 下町の太陽 (1963年4月18日、松竹:大船撮影所)
  • やぶにらみニッポン (1963年12月1日、東宝)
      “日本テレビ『味の素 ホイホイ・ミュージック・スクール』に出演する木の実ナナのバックダンサー役”としてエキストラ出演
  • あの雲に歌おう (1965年1月15日、東映:東京撮影所) 秋山役。 スリー・ファンキーズの長沢純と共演。
  • 青春大統領 (1966年4月27日、日活。主演:石原裕次郎。振付:山田卓)
  • クレージー黄金作戦 (1967年4月29日、東宝、渡辺プロダクション。振付:小井戸秀宅)
  • 君は恋人 (1967年11月3日、日活)

Vシネマ

  • 怪獣の観た夢 (1992年4月、マクザム) 北公次と共演

舞台

  • レッツ・ゴー フォーリーブス (1969年12月、大阪フェスティバルホール、日生劇場)
      第2幕 ミュージカル 「オオ・マイ・ママ」。 鳥羽家の甥の良三役。
  • 郷ひろみヤングミュージカル 『走れ あしたに ! !』
      1974年夏の郷ひろみのコンサート内でのミュージカル。 高校教師役。
  • オリジナルミュージカルプレイ 『友情』
      (1975年1月、「フォーリーブス リサイタル ’75」にて) 本名の中谷良三役
  • ライブ・ミュージカル 『少年たち ~フォーリーブス・不朽の名作~』
      (1975年4月5日 - 5月5日) 本名の中谷良三役

ステージ

  • ’75夏 フォーリーブス リサイタル (1975年8月8日、10日、12日、30日) ゲスト出演
  • あおい輝彦 ラブリー・コンサート (1976年10月4日、中野サンプラザホール)
      飯野おさみ、北公次、JJSと共にゲスト出演。


ディスコグラフィ

シングル

  • 悲しきティーンエイジ・アイドル c/w カモン・バック・トゥ・ザ・ツイスト
      (1977年5月25日。 A面曲は作詞・作曲:宇崎竜童で、ダウンタウン・ブギウギ・バンドのカバー 〔1975年12月1日発売のアルバム『ブギウギ・どん底ハウス』に収録〕)

オムニバスアルバム

  • We're the JOHNNYS (全13曲、1989年12月10日、インディーズ発売)
      北公次小谷純やなせかおるSHADOWら「北公次FAMILY」によるオムニバスCD。 河口湖のキャメロットスタジオにて、1989年10月10日~12日の3日間でレコーディングされた。 中谷自身の作詞・作曲によるソロ曲『予期せぬ出逢い』が収録されている。

       



ビデオ

  • We're the JOHNNYS (1989年12月10日、「北公次FAMILY」による限定版ビデオ)


書籍

著書

  • ジャニーズの逆襲 (1989年10月、データハウス)

雑誌

  • ヤングレディ (1969年10月4日号、講談社) - 「中谷良 (元ジャニーズ) 転落の記録」
  • 女性自身 (1973年10月20日号、光文社) - 「元ジャニーズ・中谷良が消息不明」
  • 週刊平凡 (1973年11月22日号、平凡出版) - 「独占秘話 元ジャニーズの貴公子 中谷良(26歳)が奇跡のカムバック! 6年間の狂乱に、いま別れをつげて…」
  • 女性セブン (1974年9月4日・11日合併号、小学館) - 「中谷良 (元ジャニーズ)、転落の青春からの復帰」
  • ヤングレディ (1976年10月12日号、講談社) - 「栄光のあおい輝彦、転落の中谷良、スター歌手10年の青春の軌跡」
  • 微笑 (1989年10月28日号、祥伝社) インタビュー掲載
      「元祖光GENJI『ジャニーズ』メンバーが倒錯体験告白 「ジャニーズ」の名をホモで汚すな!」


外部リンク








分割作成日:2021年7月1日

We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.