ジャニーズ百科事典





内田喜郎

   


内田 喜郎(うちだ よしろう、本名:同じ、1953年12月14日 - )は、愛知県豊橋市小池町生まれ、東京都江東区越中島育ちのシャンソン歌手。 元・俳優。  身長:172cm、体重:60s。 血液型:O型。 日本大学豊山高等学校中退。 ジャニーズ時代の愛称:ヨシ坊。 音域:G〜F。 2児の父。


 


所属事務所

  1. 東宝芸能学校 (1964年 - )
  2. 劇団ひまわり (当時のクラスメイトには岡崎友紀が居た)
  3. 大映 ( - 1970年)
  4. ジャニーズ事務所 (1970年 - )
  5. ユタカプロダクション (1974年 - )
  6. エイコー企画 ( - 1981年)
  7. アイジョージプロダクション (1981年 - )
  8. サム・エンターテイメントシステム
  9. P-BOX
  10. (フリー)
  11. 芹川事務所


来歴

  • 東京・深川(江東区越中島)でラーメン店「源来軒」を営む家庭に育つ。

  • 1964年、小学5年の10歳の時に、芸事に熱心だった親戚のおばさんの勧めで東宝芸能学校へ入り、同年から子役としてテレビや映画に出演。 デビュー作は単発ドラマ『貰いッ子』。  後に劇団ひまわりを経て「大映」専属となり、映画で活躍するも、大映が経営不振に陥る (その後、1971年12月に倒産)。 そのため、内田は1970年にジャニーズ事務所に移籍し、テレビに活躍の重点を置くようになる。 更に1971年5月5日には、シングル『ミスター・ロビンソン』で歌手デビューも果たした。

  • 1974年、ユタカプロダクションに所属。

  • 連続ドラマ『木下恵介アワー バラ色の人生』で共演し、特技の岩井流日舞でも通じていた女優・仁科亜季子との恋愛ゴシップがあった頃から、徐々に芸能界の一線を退いていく。  27歳の時に自分の役者としての力にも疑問を感じ、芝居に対して自信を無くし始め、自ら少しずつ仕事を減らすようになっていった。
    そして、親しかったピーターに誘われて、六本木のゲイバー(ショーパブ)に副支配人として勤務するようになり、深夜のバラエティ番組にオネエ言葉で出演したこともあった。

  • その後、調理師免許を取得し、1980年代半ばより赤坂で和食店「Dolce Vita (ドルチェ・ビータ)」を経営。
    1986年、内田のファンだった女性と結婚し、すぐに女児ももうけた。

  • その後、足に膿が溜まる病気で入院。 これにより、3年間経営していた「Dolce Vita」を閉店。

  • 病気の回復後、1988年より、半蔵門(千代田区一番町)にある妻の実家マンションの一角にて、カフェ「Cafe Do (カフェ・ドゥ)」を経営。 内田自らが厨房に入って腕を振るっていた。 当時の仕事の比率は、カフェ経営が9割、俳優業が1割だった。

  • 1989年、俳優業を引退。

  • 2003年に離婚。 1女1男の親権は妻が持った。

  • 2004年、半蔵門の「Cafe Do」を閉店。

  • 以降は、都内のマンションで一人暮らし。 ファミリーレストラン「ジョナサン 西荻窪駅前店」の厨房で朝6時から5時間のアルバイトをしながら、銀座のライブハウス「月夜の仔猫」などで定期的にシャンソンライブを開催。 シャンソンは、20代半ばより有馬泉に師事して習得していた。
    2008年5月からは、女優・渥実れい子(当時「劇団青年座」所属)との合同シャンソンライブもしばらく行っていた。

  • 2014年、脳疾患によって駅で倒れ、一時は意識不明になるも、何とか一命を取り留めた。

  • 銀座のライブハウス「月夜の仔猫」と並行し、2014年11月からは神楽坂のライブハウス「オ・シャンゼリゼ」でも定期的にシャンソンライブを開催。

  • 2016年、芹川事務所に俳優として所属し、翌2017年より俳優活動を再開。


人物

  • 趣味・特技 − 日本舞踊(岩井流)、洋舞、乗馬、ギター。

  • 好きな女優 − クラウディア・カルディナーレ、イングリッド・バーグマン、大空眞弓、池内淳子。


シャンソンの主なレパートリー

※ 五十音順
  1. 愛すれば愛するほど
  2. 愛のサンバは永遠に
  3. 愛の生命
  4. 愛のファンタジア
  5. あきれたお前
  6. アデュー
  7. アモーレ・インメンソ
  8. ある日愛の終りが
  9. 行かないで
  10. いつかまた会いましょう
  11. 命をかけて
  12. 今こそ
  13. 帰ってきた君
  14. 君がそこに居るようだ
  15. 君を愛した
  16. じっとこうして
  17. 18の頃
  18. 過ぎ去りし日青春の日々
  19. 青春という宝
  20. セ・マニフィック
  21. 抱きしめて
  22. 遠い想い出
  23. 夏の美しい雨
  24. ナントの雨
  25. 熱愛
  26. 残されし恋のあとには
  27. はかない愛だとしても
  28. パリに帰りて
  29. 半ダースのバラ
  30. 人々が言うように
  31. ブラームスがお好き
  32. ベドライ・ベドライ
  33. 僕の事は気にしないで
  34. 私の彼


主な出演作品

バラエティ番組

  • 連想ゲーム (1972年4月8日 - 1974年12月14日、NHK総合) 白組レギュラー解答者
  • 新春連想ゲーム大会 (1973年1月1日、NHK総合)
  • 歌謡グランドショー (1972年4月18日、NHK総合) 『青春』を披露。 同日はあおい輝彦も出演。
  • 歌のゴールデンステージ (1975年7月22日、NHK総合) 『ふるさと』を披露。 同日は葵テルヨシも出演。
  • ひるのプレゼント 「ヤング歌謡パレード」 (5) (1975年8月1日、NHK総合) 同日は郷ひろみも出演。
  • レッツゴーヤング (NHK総合)
    • 1975年9月28日 - 『ふるさと』を披露
    • 1976年4月25日 - 『川の流れに』を披露 (同日にフォーリーブスも出演)
  • ひるのプレゼント 「おやじ集合」 (1) (1976年5月17日、NHK総合)
  • 映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』の特番 (1995年、日本テレビ)
       新作の公開に合わせ、出演当時のエピソードを語った。
  • あいつ今何してる? (2020年1月8日、テレビ朝日) 高橋惠子と49年ぶりに再会
       

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 田舎医者 (1965年、日本テレビ)
  • 快獣ブースカ (1967年8月2日、日本テレビ、円谷プロ作品)
       第39話 「百トン旋風ワッショイ!」
  • 風の中を行く (1969年2月10日 - 5月5日、日本テレビ)
  • ヤングアクション プロフェッショナル (1970年3月8日、TBS) 第23話「東京セブンティーン」
  • おくさまは18歳 (1970年9月29日 - 1971年9月28日、TBS) 芦野史郎役 [1]
  • 美人はいかが? (1971年10月24日 - 1972年4月16日、TBS) 十文字南 (じゅうもんじ たかし)
       
  • 新・平家物語 (1972年1月2日&9日、NHK総合・大河ドラマ) 第1話と2話で平清盛の少年時代の平太役
       郷ひろみと共演。 なお、平清盛役は仲代達矢が引き継いだ。
  • お祭り銀次捕物張 (1972年5月6日 - 8月26日、フジテレビ)
       旗本の息子・小次郎役。 あおい輝彦と共演。
  • あした天気になあれ (1972年11月15日、NHK総合) 第10話にて山本幸次役
  • 新諸国物語 笛吹童子 (1972年12月3日 - 1973年6月3日、TBS) 萩丸役
  • 赤ひげ (1973年4月20日、NHK総合) 第26話にて山本役。 あおい輝彦と共演。
  • ママはライバル (1973年1月10日、TBS) [1]
      第15話「結婚させてもらいます」。
      雪印牛乳の配達アルバイトをしている東都大学1年生・沢本コウジ役。
  • まごころ (1973年4月6日 - 9月28日、TBS)
  • ラブラブ・ライバル (1973年10月2日 - 1974年3月26日、TBS) [1]
       大財閥「南コンツェルン」の御曹司・南太郎役
  • 木下恵介アワー 『バラ色の人生』 (1974年3月21日 - 6月13日、TBS) 竹男役
  • 太陽にほえろ! (1974年6月28日、東宝・日本テレビ) 第102話 「愛が終わった朝」にて吉行明役
  • 白い牙 (1974年7月6日、日本テレビ) 第14話 「青春挽歌」
  • 事件狩り (1974年7月24日、TBS) 第10話 「うそ」
  • 帽子とひまわり (1974年7月31日、NHK総合) 第17話「勇気」にて落合務役
  • 家なき子 (1974年9月3日 - 1975年3月25日、TBS)
  • ふたりは夫婦 第4話 「泣きたいマンガ」 (1974年10月28日、フジテレビ)
  • 刑事物語・星空に撃て! (1977年1月31日、フジテレビ)
      第17話「青春時代」にゲスト出演。 監督:内藤誠。
  • 大江戸捜査網シリーズ (テレビ東京)
    • 通算340話 「遊女が秘めた一筋の涙」
         (1978年5月20日) 薬種問屋「相馬屋」の若旦那・和助役
    • 通算587話 「八百屋お七 魔性の肌が燃える」
         (1983年3月19日) 貸本屋の新吉役
    • 通算641話 「激闘!御成敗書が闇に舞う」 (1984年4月7日) 宅次役
    • 通算653話 「花と嵐と鉄拳一家」 (1984年6月30日) 清太郎役
  • 桃太郎侍シリーズ (日本テレビ)
    • 第94話 「早替りお化け屋敷」 (1978年7月30日)
    • 第196話 「大江戸ラブ・ストーリー」 (1980年7月20日)
    • 第224話 「邪剣に勝った瓦版」 (1981年2月8日)
    • 第256話 「人生、グチあり笑いあり」 (1981年9月13日)
  • 犬笛・娘よ、生命の笛を吹け (1978年7月7日 - 8月25日、日本テレビ) 三太役。 あおい輝彦と共演。
  • 特捜最前線シリーズ (テレビ朝日)
    • 第82話 「望郷殺人カルテット!」 (1978年10月25日)
    • 第90話 「ジングルベルと銃声の街!」 (1978年12月20日)
  • 水戸黄門シリーズ (TBS)
    • 第10部・第8話 「関所の沙汰は銭次第・新居」 (1979年10月1日) 与吉役
    • 第13部・第18話 「網にかかった悪い雑魚・石州浜田」 (1983年2月14日) 喜次郎役
    • 第14部・第4話 「わがまま姑の嫁いびり・白石」 (1983年11月21日) 松太郎役
    • 第14部・第37話 「野望を断った天下の名刀・高松」 (1984年7月9日) 千吉役
    • 第15部・第13話 「嫁が救った酔いどれ大工・山口」 (1985年4月22日) 民三役
    • 第15部・第36話 「代官にされたドジな掏摸・岡部」 (1985年9月30日) 清吉役
    • 第16部・第3話 「関所に巣喰う鬼退治・箱根」 (1986年5月12日) 友次郎役
    • 第16部・第35話 「赤べこが結ぶ夫婦の絆・会津」 (1986年12月22日) 久吉役
    • 第17部・第19話 「悪を懲らした石見神楽・浜田」 (1988年1月4日) 乙次役
    • 第18部・第23話 「夢芝居!? 八兵衛の若旦那・京」 (1989年2月20日) 利助役
  • 西遊記U (1980年4月6日、日本テレビ) 第22話「妖気の山・お転婆姫の恋」
  • 江戸を斬るX (1980年5月26日、TBS) 第15話「唐人形浮世絵地獄」にて良吉役
  • 鬼平犯科帳 ’80 (1980年6月24日、テレビ朝日)
      第13話「蛇の眼」にて鶉の徳太郎役。 立花正太郎こと真家ひろみと共演。
  • 必殺シリーズ (テレビ朝日)
    • 必殺仕事人 第58話 「暴れ技 田楽垂直刺し」 (1980年7月4日) 金坂東馬役
    • 新・必殺仕事人 第23話 「主水かくれて夜勤する」
         (1981年10月23日) 花蝶〔藤之助〕役
    • 必殺渡し人 第4話 「花火の夜に渡します」 (1983年7月29日) 清七役
    • 必殺仕事人 X・風雲竜虎編 第11話 「大江戸F.F.騒動!」
         (1987年6月5日) 「とき様」こと女形の役者・山村時之丞役
  • 斬り捨て御免!シリーズ (テレビ東京)
    • 第1シリーズ・第16話 「狼の仮面を斬れ」 (1980年7月16日) 川路兵馬役
    • 第2シリーズ・第17話 「三々九度殺しの盃」 (1981年7月22日) 千代松役
  • 旅がらす事件帖 (1981年2月17日、フジテレビ)
       第20話「激突!恐怖の阿修羅太鼓」で新吉役
  • 幻之介世直し帖 (1981年2月21日、日本テレビ) 第20話「ここが思案の敵討ち」
  • 長七郎天下ご免! (1981年9月10日、テレビ朝日) 第88話「訴状が舞った黒潮しぶき」にて清助役
  • 同心暁蘭之介 (フジテレビ)
    • 第14話「父子十手」 (1982年1月14日)
    • 第29話「死の花嫁行列」 (1982年5月13日)
  • 影の軍団 V (1982年4月20日、フジテレビ) 第3話「忍びの虫は掃除虫」
  • 遠山の金さんシリーズ (テレビ朝日)
    • 第1シリーズ・第8話 「黒髪秘話!蛇の目傘の女」 (1982年5月27日)
    • 第1シリーズ・第48話 「化け猫が喰べた九人の遊女!」 (1983年3月17日)
  • 大岡越前シリーズ (TBS)
    • 第6部・第22話 「疑われた男」 (1982年8月2日) 市助役
    • 第10部・第14話 「闇夜に迫る辻斬りの恐怖」 (1988年5月30日) 彦市役
  • 右門捕物帖 (1983年2月1日、日本テレビ) 第11話「女と女の間には」
  • 眠狂四郎無頼控 (1983年4月27日、テレビ東京)
       第4話「光る白刃に燃える女」で庫之助役
  • 新・松平右近 (1983年6月5日、日本テレビ) 第10話「罠にはまった夫婦花」にて千造役
  • 新・大江戸捜査網シリーズ (テレビ東京)
    • 第1話 「激闘!御成敗書が闇に舞う」 (1984年4月7日) 宅次役
    • 第13話 「花と嵐と鉄拳一家」 (1984年6月30日) 清太郎役
  • 長七郎江戸日記シリーズ (日本テレビ)
    • 第1シリーズ・第100話 「牛さんの縁談」
         (1986年5月27日) 旗本の三男坊・敬三郎役
    • 第1シリーズ・第108話 「裏町恨み唄」
         (1986年9月30日) 側用人(悪家老)の息子役
  • 女ねずみ小僧 (1989年6月14日、フジテレビ)
       第9話「さすらいのラブレター男」にて大工の佐吉役
  • 雲霧仁左衛門 3 (2017年1月27日、NHK-BSプレミアム)
       第4話「忘れ形見」にて、雪駄商い「丸子屋」の番頭・益蔵役
  • 池波正太郎時代劇 光と影 (2017年12月12日、BSジャパン) 第6話「断金の友」にて鷲見藤右衛門役
  • 雲霧仁左衛門 4 (2018年10月12日、NHK-BSプレミアム) 第6話「黒幕分断」

単発ドラマ

  • 貰いッ子 (1964年7月5日、テレビ朝日・日本映画名作ドラマ) デビュー作
  • 歴史の涙 (1980年2月25日、TBS) 近衛師団参謀・古賀少佐役
  • 京都サスペンス 第2シリーズ 『京絵皿の秘密殺人』 (1988年11月7日、フジテレビ)

映画

  • 大怪獣ガメラ (1965年11月27日、大映東京) 灯台守の息子の桜井俊夫役
  • 続・何処へ (1967年3月12日、東宝)
  • 颱風とざくろ (1967年9月15日、東宝)
  • 積木の箱 (1968年10月30日、大映東京) 15歳の少年・佐々林一郎役
  • 地獄変 (1969年9月20日、東宝) 金茂役
  • レモンセックスシリーズ
    • 高校生ブルース (1970年8月22日、大映東京) 加藤昇役
    • 新・高校生ブルース (1970年12月25日、大映東京) 椎名健次役
  • 学園祭の夜 甘い経験 (1970年11月14日、東宝) 秀才高校生の奥田役
  • 野良犬 (1973年9月29日、松竹大船) 新里純役
  • 愛と誠・完結篇 (1976年9月、松竹大船) 岩清水弘役
  • 月光仮面 (1981年3月14日、プルミエ・インターナショナル) 緒形進平役
  • 第2回 子どもシネマスクール作品 「パチ!パチ!」
      (2004年、NPO法人 日本映画映像文化振興センター/10万人で映画を創る会) 信用金庫の寺田役。 22秒間だけの出演。
  • 大仏廻国 THE GREAT BUDDHA ARRIVAL (2018年12月15日、3Y。アンバサダー:みうらじゅん)

声優

  • 児童劇映画 「花火戦争」 〜イギリスCFF制作〜 / 短編映画 「大型ジェット旅客機」 〜FA制作〜 (1967年5月14日、NHK教育) フレディ役
  • 児童劇映画 「盗まれた旅客機」 (1968年、再放送:同年12月31日、NHK教育) ジョン役
  • 児童劇映画 「王家の谷」 〜イギリスCFF制作〜 (1971年1月3日、NHK教育) ピーター・グリーフィーが演じるジェフ役
  • ふたりの追跡 (1975年4月21日 - 5月14日、NHK総合・少年ドラマシリーズ)
       サイモン・フィッシャー・ターナーが演じるジョン・コービー役

舞台

  • 少年たちシリーズ 〜 フォーリーブス・ミュージカル 「明日なき友情」 (1971年8月)
      ヨシ坊役。 1967年の初代ジャニーズ主演ミュージカル『いつか何処かで 〜 フォーリーブス物語』の再々演作品。
  • 少年たちシリーズ 〜 フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 「生きていくのは僕たちだ!」
      (昭和46年度文化庁芸術祭参加作品ミュージカル。 原作:大森晶子『十七歳の絶唱』。
       1971年10月29日&31日:帝国劇場。 大阪、名古屋公演も有り)
  • 松竹現代劇 「朱鷺 (とき) の墓」 第二部・雪の巻
      (1973年4月4日 - 28日:日生劇場。 同年に名古屋・名鉄ホールにて再演。
       作:五木寛之、演出:木村光一) 范 役
  • 下町かぶき組公演 「夢之丞 奮闘公演」 (2017年5月9日 - 6月28日、秋田・康楽館、演出:松井誠)
  • 劇団絵生 (えき) 公演 「友情 〜秋桜のバラード〜」
      (Wキャストのため「Team秋」側の日程のみに出演。2017年8月26日:取手市立市民会館、9月26日 - 10月2日:築地本願寺ブディストホール、13日:秩父宮記念市民会館 大ホールフォレスタ)
  • (一般社団法人 演劇集団ワンダーランド 第48回公演 「気骨の判決」)
      (2020年7月24日 - 27日、紀伊國屋ホール) - コロナウイルスの感染拡大により公演中止

ステージ

  • ビクター・ヤング・フレッシュ (1971年5月12日 - 15日、日本劇場)
  • 第45回 日劇ウエスタン・カーニバル (1971年8月27日 - 9月2日、日本劇場)
  • フレンズ EXPRESSION TAKING-ONE (1975年1月15日、よみうりホール) ゲスト出演
  • 劇団青年座の女優・渥実れい子との合同ライブ (2008年5月より数回)
  • 「銀座・月夜の仔猫」でのシャンソンライブ
      (2011年7月9日、 2013年6月8日、 2017年9月9日、 2018年3月10日、6月9日、9月8日、12月8日、 2019年3月16日、ほか多数出演)
  • 「神楽坂 オ・シャンゼリゼ」でのシャンソンライブ
      (2014年11月14日、
      2015年2月3日、6月2日、7月9日、8月26日、12月1日、
      2016年10月26日、12月22日、
      2017年1月10日、2月10日、3月1日、4月14日、7月26日、8月2日、9月7日、10月25日、11月22日、12月6日、
      2018年1月17日、24日、2月9日、3月1日、30日、4月4日、5月30日、6月20日、7月25日、8月30日、9月19日、10月26日、11月21日、12月12日、
      2019年1月16日、2月14日、3月27日、4月24日、5月22日、6月26日、7月24日、9月26日、10月23日、11月27日、12月4日、
      2020年1月22日)
  • 有馬泉と門下生の会 第530回 フォンテーヌ・ド・ラ・シャンソン 2月例会
       (2016年2月21日、労音大久保会館・R'sアートコート)
  • ようこそ 〜午後のシャンソンコンサート Vol.2〜 (2016年3月13日、恵比寿 アート・カフェ・フレンズ)
  • 有馬泉と門下生の会 第531回 フォンテーヌ・ド・ラ・シャンソン 3月例会
       (2016年3月27日、労音大久保会館・R'sアートコート)
  • 畠山文男・内田喜郎 ジョイントミニコンサート (2018年2月25日、労音大久保会館・R'sアートコート。演出:有馬泉)
  • 九能みゅうと仲間たち (2018年4月29日、12月15日、新宿・シャンパーニュ) 熊谷道子とのデュエットで出演
  • ヌーベル・恵比寿deシャンソン (2018年6月5日、2019年4月2日、恵比寿 アート・カフェ・フレンズ)
  • 他・・・


ディスコグラフィ

※ 所属レコード会社は、1972年までは日本ビクター、1975年以降はフィリップス・レコード。

シングル

  • ミスター・ロビンソン c/w 白い夜あけ (1971年5月5日)
      オリコン最高95位。 売上数:約0.2万枚。
      両曲とも作詞・作曲:荒木一郎。 A面の『ミスター・ロビンソン』は、荒木が1969年にリリースした楽曲。 1979年には原たかし&バットマンズもカバーしている。 また、B面の『白い夜あけ』も、 荒木が歌詞違いバージョンの『紅 (くれない) の渚』というタイトルで、1967年2月15日にリリースしていた楽曲。
  • 青春 c/w 君の心にまっすぐに (1971年10月)
  • 大空の祈り c/w 泥まみれの青春 (1972年)
      A面曲はRick Springfieldの『Speak To The Sky』、B面曲はFreddie Meyerの『Paint My Seasons』の日本語詞カバー。
  • ふるさと c/w 北停車場 (1975年6月25日)
      オリコン最高85位。 売上数:約1.2万枚。
      ここから「ユタカプロダクション」所属。 レコードジャケットは、初回盤が木に寄りかかっている写真、通常盤は背景がピンク色と黄色の2パターンの見開きジャケットで、内側にも白黒写真が一点追加された。 但し通常盤にも最初の内は、初回盤ジャケットの在庫分がおまけとして一緒に封入されていた。
      A面曲は、八代亜紀が1976年10月25日発売のLPレコード『ベスト・ヒット・アルバム16 〜 もう一度逢いたい』にてカバーした。
        
  • 川の流れに c/w 旅空で君は何想う (1976年3月)

アルバム

  • ふるさと (1975年11月25日)
      12曲中、3曲を寺田十三夫が編曲し、演奏も「寺田十三夫グループ」が行っている。

       

  • 青春の詩 〜 内田喜郎 オリジナル・コレクション (1976年)

       

オムニバスアルバム

  • 火の女 / みなと・恋唄 〜 これが最新ベストヒット12 (1971年、日本ビクター、SJV-537)
       内田のシングル『青春』を収録。
  • ちょんまげ天国 in DEEP 大江戸サラウンド仕様 (2003年7月30日、MHCL289〜90)
      『少女ひとり』(アルバム『ふるさと』収録バージョン)を収録。 なお、名前表記は「内田郎」と誤植されている。
  • SONGS 〜SHUNICHI TOKURA SONGBOOK〜 (2008年12月10日、5枚組CD)
      Disc 5「Theme songs, Soundtracks & Rare tracks / 主題歌、サウンドトラック、レア音源集」に、『少女ひとり』(アルバム『ふるさと』収録バージョン)を収録。

客演アルバム

  • 雨の御堂筋 〜 アン・ルイス ベンチャーズ・ヒットを歌う (1972年2月5日)
      『二人の銀座』、『東京ナイト』の2曲でアン・ルイスとデュエット。 2017年1月25日にMEG-CD、2018年3月7日にCD化。


新聞

  • 日刊ゲンダイ 「あの人は今こうしている」 (2015年3月28日付)


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.