Archive of STARTO





坂井一徳

       


坂井 一徳(さかい かずのり、本名:同じ 〔旧本名&旧芸名は「土田」姓。養子縁組で「坂井」姓に改名〕、1969年6月28日 - )は、長野県生まれ、北海道川上郡弟子屈町(川湯)を経て東京都杉並区永福育ちの元・俳優、芸能プロデューサー。 1980年代にジャニーズ事務所に所属し、「土田一徳」の名で数多くのテレビドラマで活躍した。 代表作はTBSの『毎度おさわがせします (第2シリーズ)』。
身長:181cm、体重:60kg。 血液型:A型。 愛称:カズくん。 兄弟は弟が2人 (4歳下と8歳下)。




ジャニーズ時代の参加ユニット



学歴

  1. 杉並区内の幼稚園
  2. 杉並区立大宮小学校
  3. 杉並区立大宮中学校 (部活はバレーボール部)
  4. 明治大学付属中野高等学校 (定時制、1年生を2度経験して転出)
  5. 東海大学付属望星高等学校 (通信制、卒業)


来歴

  • 母親の実家である長野県で生まれる。 その後、少しだけ父親の実家である北海道川上郡弟子屈町(川湯)に住んでいたが、すぐに東京都杉並区(永福町の商店街)に転居。
    (ジャニーズ時代の雑誌記事では「北海道川上郡弟子屈町(川湯)生まれ」、「弟子屈町立川湯駅前小学校を卒業」、「弟子屈町立川湯中学校の1年生の2学期に都内の中学に転校」と紹介されていたが、それらは諸事情によって創作された誤情報だった)

  • 1985年4月、夜間高校入学直後にクラスメイトの高橋一也から「うちのバンドでキーボードが出来る人を探してる」と誘われたため、土田がベートーヴェンの『悲愴』をピアノ演奏している録音カセットテープを高橋に渡してみた所、ジャニー喜多川から認められ、同月中にジャニーズ事務所に入所した。
    入所と同時に「男闘呼組」に加入してキーボードを担当。 テレビ朝日の『欽ちゃんのどこまでやるの!?』にも出演した (土田はバンド演奏時のみの出演。そしてノーギャラだった)。
    しかし、同年7月を最後にグループから外され、以降は男闘呼組のメンバーとして雑誌に掲載されることは無くなった。
    (なお、1985年12月29日(日本武道館)と1986年1月4日(大阪城ホール)の「少年隊スペシャルコンサート」の前座に男闘呼組が出演した際には、土田もサポートキーボードとして久々に呼ばれて参加した 〔但しこの時は男闘呼組全員が実際に演奏はしておらず当て振りだった〕。 また、1986年4月〜5月の男闘呼組のファーストコンサートツアー「ヤングコミュニケーション ’86 〜祭 PART1〜」にも、キーボードとMCでゲスト出演している)

  • その後、ジャニーズ事務所の合宿所に遊びに来ていた俳優の木村一八と親しくなった縁で、TBSテレビのプロデューサーに紹介してもらい、1985年12月からのテレビドラマ『毎度おさわがせします 2』への出演が決定。 以後は俳優業を専門に活動した。 ジャニーズJr.のダンスレッスンにも一度は参加してみたものの、「これは自分には無理だ」とすぐに判断して二度と行かなかった。

  • アイドル雑誌『ザ・ベスト・ワン』(1986年4月号)の表紙に中山美穂、木村一八、西川弘志と共に掲載。 同じくアイドル雑誌『POTATO』(1986年9月号)の表紙にはソロで掲載された。
       

  • 1987年の終わりにジャニーズ事務所を退所。

  • 約1年間のブランクを経て、1988年後期に知人の紹介で赤坂にあった芸能事務所「フリーポートプロダクション」に所属したが、テレビドラマ『スクール・ウォーズ 2』への出演を最後にして、1991年初頭に同事務所を退所した。

  • 2000年3月、仲間と共に番組制作会社「株式会社 ペッパーズイレブン」を設立し、2005年初頭まで活動。

  • 2006年より舞台役者を志して様々な劇団にアプローチを始め、同年の夏に社会人劇団「はなまる大作戦」を主宰する花丸大朔(本名:香取大介)と出会い、同劇団に入団。 その後、土田は自身のキャリアを活かして劇団内に「タレント部」を立ち上げ、自ら部長を務めるようになった。

  • 2007年、花丸大朔と共に芸能事務所「株式会社 ドリーム・ファンタジア」を設立。 土田は同社でプロデューサーも務めた。

  • 2008年7月、公演『LOST The WORLD』を最後に劇団「はなまる大作戦」が解散。 同時に芸能事務所「ドリーム・ファンタジア」も閉業となった。
    花丸大朔は同年11月に自身の新たな芸能プロダクション「株式会社 ANIMO」を設立。 土田は、「はなまる大作戦」時代の仲間・板坂叔典いたさか よしふみが翌2009年5月11日に渋谷区神宮前にて設立した芸能プロダクション「株式会社 i-Factory (アイファクトリー)」(資本金:1万円)に参加し、所属タレントのマネージメントや舞台作品などのプロデュースを開始。 更に翌2010年に開設された「i-Factory タレント養成所」では演技講師も務めた。

  • 養子縁組で「坂井」姓に改名。 2010年春に「坂井一徳」名義で舞台『桃色書店へようこそ』をプロデュース。

  • 2013年初頭、芸能プロダクション「株式会社 i-Factory」のホームページを閉鎖。

  • 『週刊文春』(2023年6月29日号)にて、ジャニーズ時代の体験談を告白。[1][2]

  • 2023年10月31日、ファンの有志がXにて土田の応援サークル「土田一徳くんの (旧名:Tsuchida-kun's circle)」を発足。

  • 現在、自伝・手記『You、ズルいよ!』を出版予定。


人物

  • 特技 - クラシックピアノ
      習い始めたのは6歳から。 中学3年の時、ピアノ発表会でベートーヴェンのソナタ「熱情」を弾いた時は、ピアノ教師の家に一週間泊まり込み、毎日8時間練習して挑んだ。 ベートーヴェンの他によく弾いていたのはセルゲイ・ラフマニノフの曲。 また、ロシアの作曲家、ピアニストのアントン・ルビンシテインの曲が好きで、全曲カセットに集めて保存していた。
      やがて、ピアノ教師が家の建て直しのために東京都狛江市に一時転居したが、緑山スタジオでのドラマの撮影時はその狛江の家に寝泊まりしながらスタジオに通った。

  • 趣味は特に無いが、2000年代は競馬にハマっていた。 愛していた馬は「タニノムーティエ」、「キーストン」。 パドックでは馬の臀部のラインをよくチェックしていた。

  • 尊敬する人 - 石立鉄男、チャールズ・チャップリン、ベン・ホロウィッツ

  • 好きな食べ物 - 果物 (特にオレンジ)

  • 嫌いな食べ物 - 梅干し

  • 好きな花 - スズラン

  • 初恋は中学2年生の時で、相手は2歳年上の女性。

  • バレーボール部だった中学の3年間で身長が35cmも伸び、145cmから一気に180cmになった。

  • ジャニーズ時代に仲が良かったのは、矢部和志 (後のマイコーりょう杉江雄二。 そして男闘呼組の中で一番仲が良かったのは成田昭次で、よく深夜に2人で原宿の合宿所を抜け出して、近くにあったレストラン「サボイ」に行ったり、合宿所で2人でジャニー喜多川のモノマネをして遊んでいた。

  • 仲が良かったジャニーズ以外の芸能人 - 山本陽一


エピソード

  • ジャニーズ事務所から支給されていたテレビドラマの出演料は、1話につき1万円だけだった。

  • ジャニーズ時代は植草克秀に連れられて渋谷の「セーラーズ」のショップに何度か行っていた。

  • 友人に中村由真のマネージャー(その昔は中山美穂のマネージャー)だった人物がおり、その縁で中村由真の野球チーム「ユマーズ」に所属していたことがある。 そして、当時中村の旦那だった元・男闘呼組の前田耕陽の野球チームとも試合をしているため、前田とは何度か再会を果たしている。


ジャニーズ時代の出演作品

バラエティ番組

  • 欽ちゃんのどこまでやるの!? (1985年5月 - 7月3日、テレビ朝日)
      男闘呼組のメンバーとしてバンド演奏時のみに出演。
  • 第11回 ABCヤングアイドルスター野球大会 (1986年7月、ABCテレビ)

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 毎度おさわがせします (第2シリーズ) (1985年12月10日 - 1986年3月25日、TBS)
      秋野浩平(高校1年・16歳)役。
       

  • 夏・体験物語U (1986年7月29日 - 10月14日、TBS) 木戸直也役
        
  • 愛伝説 (1987年4月6日 - 、フジテレビ)
      小川範子の初キスシーンの相手・黒川あきらの少年時代役。 フジテレビのドラマだが、撮影は緑山スタジオで行われていた。

単発ドラマ



ジャニーズ退所後の出演作品

テレビドラマ

連続ドラマ

  • 湘南物語 マイウェイマイラブ (1989年5月 - 7月、日本テレビ) ゲスト出演
  • スクール・ウォーズ 2 (1990年9月4日 - 1991年1月8日、TBS) 藤沢保役
      土田は坊主頭にして役に挑んだ。

単発ドラマ

  • 自主退学 (1990年4月23日、TBS)
  • 東京下町商店街の殺人 女親分は名探偵
      (1990年5月29日、テレビ朝日・火曜ミステリー劇場) 下っ端のヤクザ役
      放送前の仮タイトルは『アルプスから来た女親分』。

映画

  • 童貞物語4 ボクもスキーに連れてって (1989年9月16日、バンダイ) 平井慎也役
      都内の単館にて3日間のレイトショー上映。

CM

  • しゃぶしゃぶ店のCM

ビデオ

  • SUPER DELUXE ビデオ・マガジン 『VINBO VOL.25 〜星に願いを〜』 内のオムニバスミニドラマ 「ジャパニーズ・ドリーム」
      1990年、税込2,150円。 共演:五十嵐いづみ、中村由真、渡浩行。 『VINBO』とは、全国のローソンで販売されたフジテレビ系のアイドルビデオシリーズ。
  • SONYハイビジョンドラマ 『モンスーン』 (1990年) 桜井幸子との共演作
      

舞台

  • YU-GEN乱舞 〜建武に懸けた情熱〜
      2007年8月23日 - 27日、大塚・萬劇場。
      劇団「はなまる大作戦」リニューアル旗揚げ公演。 動員数:約720名。
  • LOST The WORLD
      2008年7月16日 - 22日、築地本願寺内・ブディストホール。
      21日の昼公演終了後には、土田の30分間のトークショーも開催された。
      劇団「はなまる大作戦」解散公演。 動員数:約930名。

イベント

  • 劇団「はなまる大作戦」主催 第1回 芸能パーティー 「ハルモニア」
      (2008年5月23日に2時間半、田町「Studio Cube 326」4F TIARA、参加費:3,500円、定員:180名、来場者数:約120名)

WEB

  • ブログ 「馬親方徒然日記」 (ペンネーム「umaoyakata」。2005年10月31日 - 2010年、アメーバブログ)
  • ブル中野 オフィシャルブログ 「元祖ぶるママ」 (2013年3月13日付、アメーバブログ)[1]
  • X(旧Twitter)のSpaces(スペース)配信 (2023年6月30日 - )
  • ツイキャス配信 (本配信スタート日:2023年7月22日 - )
  • YouTube (2023年12月9日 - )


プロデュース作品 (「坂井一徳」名義)

舞台

  • 桃色書店へようこそ
      (2010年4月10日 - 18日:池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER、6月12日&13日:文化学院13階講堂。 主演:小川麻琴、外岡えりか)


アニメサウンドトラックアルバム

  • きまぐれオレンジ☆ロード もぎたてスペシャル
      (1989年12月20日にCDとカセットの2種で発売。 1995年3月15日、2004年7月22日にCDで復刻) - 土田はこのアルバムの中で楽曲『ギリギリLOVE』を歌唱
  • きまぐれオレンジ☆ロード Singing Heart2 〜sweet memories〜
      (1993年9月17日。7枚組CD-BOX仕様。イラストカレンダー、設定資料(作画)、クリアファイル付き。税込1万6千円。Disc2に土田の『ギリギリLOVE』を収録)


書籍

著書

  • You、ズルいよ! (出版予定の自伝・手記。発売日未定)

雑誌

  • 週刊文春 (2023年6月29日号、文藝春秋)
  • 週刊文春 (2023年10月12日号、文藝春秋) コメント掲載
  • 他多数・・・


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Archive of STARTO. No rights reserved.