ジャニーズ百科事典





小坂まさる

   


小坂 まさる(こさか まさる、本名:小坂 勝秀、1957年9月27日生まれ)は、経営コンサルタント、法務省人権擁護委員。 元・タレント、歌手、俳優。
大阪市天王寺区生まれ、大阪府河内市 → 4歳から大阪市住吉区育ち。 ジャニーズJr.を経て、「メッツ」を結成した。
愛称は、ジャニーズ事務所内では「ヒデ坊」、ファンからは「マチャル」。
なお、次男の小坂真郷も元ジャニーズJr.で、「M.A.D.」のメンバーだった。


 


所属事務所

  1. ジャニーズ事務所
  2. バーニングプロダクション
  3. カワダブラザースカンパニー
  4. プラスワン

ジャニーズ時代の参加ユニット


その後の参加ユニット


学歴

  1. 万代幼稚園 (大阪市住吉区)
  2. 大阪市立住吉小学校
  3. 大阪市立住吉中学校 (部活は器械体操部)
  4. 堀越中学校
  5. 堀越高等学校
  6. 日本大学高等学校 (通称:日大日吉、日大横浜学園)


来歴

  • 1957年9月27日、大阪市天王寺区の逓信病院で生まれる。

  • 1972年6月、大阪市立住吉中学校3年生の時に、よみうりテレビの新番組『GO!GO!ヤング』の公開収録を友達と豊中市民会館に観に行き、一般参加のリンボーダンス大会に飛び入りで参加した所、それまでの最高記録であった45cmをクリアして見事に優勝した。 優勝賞品はグアム旅行だった。
    それから半月後、東京でその様子をたまたまテレビで観ていたフォーリーブス北公次が、小坂のことを気に入り、社長のジャニー喜多川に推薦。 そしてジャニーが小坂宅の電話番号を調べて電話し、大阪フェスティバルホールでのフォーリーブスのコンサート、および食事に招待する。 その結果、小坂は同年9月21日に上京してジャニーズ事務所に入所することとなった。

  • 当初は事務所期待の有望株として、ソロで売り出されていたが、1973年半ば頃より「ジャニーズ・ジュニア (第1期生)」の枠組に入れられる。  それでもなお、雑誌のピンナップでは「小坂まさる & ジャニーズJr.」と紹介されたり、小坂だけがテレビドラマに多数出演したり、1974年4月よりフジテレビ『君こそスターだ!』にソロでレギュラー出演するなどの厚遇を得ていた。

  • 1974年夏、「ジャニーズ・ジュニア (第1期生)」が、2つのグループに分割。 一つはフォーリーブスのコンサートのバックダンサーチームとして作られた3人組で、「ジュニア・スペシャル」という新たなグループ名が与えられた。  残りの6名は、特に新しいグループ名は与えられず、元の「ジャニーズ・ジュニア」名義のままで郷ひろみのコンサートのバックを務めた。
    小坂は郷ひろみの方のバックに付いていたが、「“ジュニア・スペシャル”の方が選び抜かれたメンバーの様に聞こえる」とか、フォーリーブスの北公次を尊敬していたために「フォーリーブスのバックで踊りたかった」などの不満を抱くようになっていた。
    そして、夏のコンサートを終えた1974年9月、ついに小坂はジュニア1期生の近藤純市と共にジャニーズ事務所からの退所を宣言し、それまで住んでいたジャニーズの合宿所からも飛び出した。 2ヶ月後の同年11月には、同じくジュニア1期生の山縣孝良、鈴木寛、吉田義久、柏木孝夫らも後に続き、一斉にバーニングプロダクションへと移籍した。 バーニングは、翌1975年3月に先輩の郷ひろみが移籍することが既に決定しているプロダクションだった。

  • バーニングへ移籍後、元ジュニアたち6名は新グループ「メッツ」を結成。 1975年2月23日に大阪の枚方市民会館にてステージデビュー。 同年11月25日にはレコードデビューも果たした。

  • 1976年12月29日にメッツが一時解散。

  • 小坂はソロで芸能活動を続け、1977年2月12日には大阪千日前・ユニバースにて1時間のワンマンショーも行い、演歌も歌った。

  • 1978年、「カワダブラザースカンパニー」に移籍し、メッツを復活させるも、2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしたのみで、翌1979年に再び解散。
    その後、カワダブラザースカンパニーから「プラスワン」に移籍。 数々のテレビドラマに出演した。

  • 芸能界を引退後は「小坂産業」を設立し、新宿二丁目にパブスナック、六本木にレストランをオープン。

  • 小学生の頃からの夢だった政治家になるべく、1983年に自民党に入党。 アフリカ救済運動にも参加。

  • 1984年、ボランティアグループ「技術伝導センター」を設立。 このセンターの主旨は、身体障害者や高齢者の社会的自立を促すことで、まず彼らに対し、コンピューターの使い方や着物の着付けなどの技術を持っている人たちが無償で教育を施し、技術を覚えた者には就職先も斡旋しようとするものだった。

  • しかし、「技術伝導センター」で身体障害者や高齢者に教育を施しても、彼らを受け入れてくれる就職先が無かったため、もっと広くに活動を宣伝するため、経営していた六本木のレストランを売却して資金を作り、1985年7月7日の東京都議会議員選挙に、六本木を本拠地とした港区から27歳で立候補した。 ただし公示の2週間前に立候補したため、自民党の公認に間に合わず、無所属での出馬となった。 小坂の選挙ポスターには、「日本の伝統技術を伝える!」とのキャッチコピーが添えられた。 しかしこのポスターは、ファンなどによって片っ端から剥がされてしまった。 そして選挙の結果は落選。 これらの模様は、雑誌『週刊平凡』(1985年6月28日号)、『ZOOM in』(1985年9月号)、『セクシーフォーカスSCOOP』(1985年9月号)に掲載されている。
        

  • 1985年7月22日、東京都港区三田で、便利屋「小坂まさる おタスケマンセンター」を開業。 約50名の大学生アルバイトを雇っていた。

  • その後、地元の大阪でナイトクラブを経営。  週刊誌の「あの人は今」の記事では、女性ホステスに囲まれながらハーレム王の様なポーズをとっている姿が紹介された。
    更にその後は、都内で会社役員(経営コンサルタント)に。  WEB制作会社「アンビーマテリアル株式会社」(2008年4月創業、2011年4月設立)などをコンサルティングしている。


人物

  • 芸能活動をしていた時期に、恐喝などで警察に数回逮捕されている。(雑誌『ZOOM in』1985年9月号より)

  • 「メッツ」時代から、髪型をパンチパーマのリーゼントにしたり、当時の男性アイドルとしては珍しく耳たぶ(左側)にピアスの穴を開けるなど、不良性を前面に押し出していた。

  • 1975年9月15日、東京郵便貯金会館で行われた男性アイドルグループ「フレンズ」の解散公演に、ジャニーズ時代の仲間・葵テルヨシと共にゲスト出演。

  • 政治への関心が非常に強く、自ら東京都議会議員選挙に出馬した他、「自由民主党同志会」や、中曾根康弘が最高顧問を務める「一般社団法人 春風の会 (しゅんぷうのかい)」に所属し、鈴木宗男の資金管理団体「21世紀政策研究会」や、野田聖子の資金管理団体「二十一世紀の会」に対し、寄附活動を行っている。  また、「佐藤ゆかり出版記念パーティー」や、「野田聖子さんのさらなる飛躍を期待する会」、政治団体「良知会 (りょうちかい)」主催の「道州制で日本を拓く会」など、数々の政治資金パーティーにも出席し、やはり寄附を行っている。
    この他にも、法務省「東京人権擁護委員協議会」に所属する人権擁護委員の肩書きを持ち、差別やいじめに関する相談をボランティアで受けている。

  • 政治に携わる際、一時、「小坂勝 (まさる)」や、「小坂健 (まさる)」の別名を使用していた。

  • 政治を通し、森田健作との親交が非常に深い。

  • 小坂家は代々全員「金光教」の信徒。 また、父親はかつて、大阪市住吉区で不動産会社「伸興開発」を営んでいた。

  • 兄弟は弟が2人 (4歳下と5歳下)。 4歳下の弟(1961年生まれ)は、五木ひろしの付き人を経て俳優となった小坂正道

  • 山口百恵の1980年の著書『蒼い時』の「裁判の章」にて、小坂の名前が登場する。


主な出演作品

バラエティ番組

ジャニーズ時代

  • 君こそスターだ! (1974年4月 - 、フジテレビ) レギュラー

バーニング時代

  • 金曜10時!うわさのチャンネル ! ! (1977年4月 - 、日本テレビ) レギュラー
       小坂は当番組の中で、バリカンで丸坊主にされてしまった。
  • 東海テレビのバラエティ番組にて司会者 (1977年4月 - )

テレビドラマ

ジャニーズ時代

  • 木下恵介アワー 『おやじ山脈』 (1973年、TBS)
  • ぼくは叔父さん (1973年10月 - 1974年3月、日本テレビ)
  • ボクは女学生 (1973年10月5日 - 1974年3月29日、フジテレビ)
  • ボクは恋人 (1974年4月5日 - 9月27日、フジテレビ) 小坂は7月からの出演

バーニング時代

  • 元禄太平記 (1975年4月20日 - 11月30日、NHK総合・大河ドラマ) 第16・19・42・46・48話にて矢頭右衛門七役

プラスワン時代

  • 獅子の時代 (1980年8月10日、NHK総合・大河ドラマ) 第32話「明治6年の政変」にて書生役
  • 特撮野郎アクションシリーズ! ぼくら野球探偵団 (1980年8月11日、テレビ東京)
       第14話「珍ロボット ウルトラ28号の秘密」にて店員役
  • 1年B組新八先生 (1980年8月15日、TBS)
       第18話「傷だらけのお説教」にて新八先生と揉める男たち・川上役
  • ウルトラマン80 (1980年9月24日、TBS)
       第26話「タイムトンネルの影武者たち」にて小太郎役
  • 噂の刑事トミーとマツ (1980年10月8日、TBS) 第44話「トミマツまっ青、情無用の新課長」にゲスト出演

映画

ジャニーズ時代

  • 急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS (1974年7月、東宝)
      孤児院の子供役で出演。 舞台挨拶にも参加した。

プラスワン時代

  • 聖女地獄絵図 (1980年5月17日、東映セントラルフィルム)

舞台

ジャニーズ時代

  • フォーリーブス イン クリスマス (1972年12月24日&25日、名古屋・御園座)
      「ジューク・ボックス・ジュニア」のメンバーとして出演。
      第1部・『ミュージカル フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』
         (作・構成・演出:ジャニー喜多川、振付:小井戸秀宅)
      第2部・『ヒット・ヒット・ヒット ゴールデンステージ』
  • フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者 (1973年1月)
      「ジューク・ボックス・ジュニア」のメンバーとして出演。
  • 郷ひろみヤングミュージカル 『走れ あしたに ! !』
      1974年夏の郷ひろみのコンサート内でのミュージカル。

ステージ

ジャニーズ時代

  • フォーリーブス エキサイティングショー (1973年4月)
       ジューク・ボックスのサポートメンバーとして出演。
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「フォーリーブスショー」 (1973年5月4日、日本劇場)
      小井戸秀宅と共に北公次が振付を担当。 音楽担当は高橋洋一
  • 第49回 日劇ウエスタン・カーニバル 「郷ひろみショー」 (1973年5月5日&6日、日本劇場)
  • フォーリーブスの各コンサート(1973年 - 1974年)
  • 郷ひろみの各コンサート (1973年 - 1974年)

バーニング時代のソロステージ

  • 1時間のワンマンショー (1977年2月12日、大阪千日前・ユニバース)


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.