ジャニーズ百科事典





K.K.Kity

K.K.Kity(ケー・ケー・キティー)とは、ジャニーズJr.のメンバーで構成された男性アイドルグループである。
旧グループ名:J-Support (ジェイ・サポート。略称:Jサポ)。
2001年10月に結成し、約2年間活動した。


 


メンバー

  • K - 小山慶一郎 (こやま けいいちろう、1984年5月1日生まれ) リーダー
  • K - 加藤成亮 (かとう しげあき、1987年7月11日生まれ) サブリーダー
  • K - 草野博紀 (くさの ひろのり、1988年2月15日生まれ)
  • i - 飯田恭平 (いいだ きょうへい、1987年11月18日生まれ)
  • t - 武内幸太朗 (たけうち こうたろう、1986年10月2日生まれ)
  • y - 横尾渉 (よこお わたる、1986年5月16日生まれ)


概要

  • 2001年10月からスタートしたバラエティ番組『ジャパン☆ウォーカー』(日本テレビ)の企画の一環として、KinKi Kidsの堂本光一プロデュースのもとメンバーが集められ、「J-Support」を結成。 本人たちの意向で、リーダーは小山、サブリーダーは加藤が務めた。 「光一計画」と名付けられたこの企画は、新たなユニットを作って番組からデビューさせることを目的とし、メンバー招集からオリジナル曲『Private Hearts』を披露するに至るまでの一連の様子を、番組内で全17回に渡って放送した。
  • 後にユニット名をメンバーのイニシャルから1文字ずつ取り、「K.K.Kity」に改名した。 チョナン・カン(草g剛)の『愛の唄 〜チョンマル サランヘヨ〜』や、タッキー&翼の『夢物語』のバックダンサーを務めたり、バラエティ番組『Ya-Ya-yah』や『ザ少年倶楽部』に出演した。
  • 2003年9月、小山、加藤、草野が「NEWS」のメンバーに選ばれる。 しばらくはK.K.Kityとの両立を図っていたが、後に頓挫。 残った飯田、武内、横尾で「ity」(イティー)として活動するが、その後、飯田、横尾が「Kis-My-Ft.」(後のKis-My-Ft2)、武内が「M.A.D.」として活動していくこととなり、K.K.Kityとしての活動を終えた。


オリジナル曲

  • Private Hearts
      結成時に堂本光一がK.K.Kityのために作った楽曲。 後にNEWSの曲として、シングル『NEWSニッポン』にカップリング収録された。 NEWSの初のコンサート「A Happy “NEWS” year 2004新春」で披露した際に、バックダンサーとして飯田、武内、横尾が参加した映像は、DVD『NEWSニッポン0304』で見ることが出来る。 また、2006年には堂本自身が『UNBREAKABLE』のタイトルでセルフカバーしている。
  • Stand Up
      Right Said Fred(ライト・セッド・フレッド)の曲『Stand Up For The Champion?』のカバー。 「バレーボール ワールドカップ 2003」にて、試合のタイムアウトの間に使用された。 翌年、NEWSの曲として『第35回 春の高校バレー全国大会』のイメージソングに選ばれ、シングル『希望 〜Yell〜』や、アルバム『touch』に収録された。
  • 千年のLove Song
      後にサビや間奏部分にラップが加えられ、Kis-My-Ft2が歌うようになった。







出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.