ジャニーズ百科事典





加賀八郎

加賀 八郎 (かが はちろう、1958年2月28日 - 2013年7月2日)は、東京都目黒区祐天寺出身のベース奏者。 ジャニーズ出版に所属したロックバンド「THE GOOD-BYE」のベーシスト&ボーカル。 愛称:ハチ、ぱっつぁん、はっつぁん、はっちゃん。 デビュー当初の愛称:スヌーキー。 血液型:B型。 55歳没。
妻は漫画家の池沢理美(さとみ)。 一人娘も漫画家の佐伯よしはる




ジャニーズ時代の参加バンド


その他の参加バンド

グッバイ結成以前

  • ハイタイムストリートバンド (元「ミネソタ・ナイトフォークス」。1977年に数回のライブで解散)
  • マタス (1982年〜1983年。加賀、楠瀬誠志郎、大滝裕子、小野純次、佐藤強一、矢作義明)

グッバイ活動中

  • theOM (1984年〜??年。B:加賀、シンセG:野村耕二、Dr:岩城和平)
  • 爆風スランプ (1989年。サポートベーシストとして参加)

グッバイ活動休止後

  • MB's (「THE 真心ブラザーズ」のサポートバンド。1990年〜1991年)
  • Flying Asian Farmers' Band (1990年〜2001年)
  • 池沢理美バンド (1990年〜2005年4月)
  • ことぶき荘 (1994年頃。B.Vo:加賀、G:野村耕二、Pr.Vo:岩城和平、Dr:岩城未来)
  • えじら (2004年12月〜。Ba.Vo:加賀、Vo:池沢、G.Vo:江崎哲朗、Dr.Vo:吉田宏治)
  • 加賀屋エトランゼ (2005年4月&7月、2006年7月)
  • LOW-GUNS (2005年4月)
  • 五野姫 (2005年7月)
  • 加賀屋 (2005年8月)
  • BAB (2008年〜)
  • OTOKO-BYE (2007年12月〜2008年)


来歴

  • 1982年4月に行われたザ・グッバイのメンバー募集オーディションの時、加賀はバックバンドを務めていた。 しかし、1983年5月4日のグッバイの結成記者会見が近付いてきても、オーディションの候補者の中からは結局良いベーシストが見付からなかった。 そこで、メインの野村義男曽我泰久が、オーディション終了後もずっとヘルプとして関わっていた加賀を、「もうこいつでいいや」と、会見のわずか一週間前にグッバイに採用した。

  • 1990年3月31日、ザ・グッバイが活動休止。 以後、多数のバンドに参加して音楽活動を継続。

  • 1994年11月4日、漫画家の池沢理美と入籍。

  • 2010年5月より体調が悪化し、同年7月に多発性骨髄腫(血液の癌)との診断を受け、闘病生活にあることを同年10月2日付のブログで報告。同年中に腎不全も併発した。 退院後は自宅療養に入り、人工透析やMRI検査などでの通院が続いた。
    そんな中、2013年1月27日にはバンド「えじら」&「ガムガムブラザーズ2」による、『加賀八郎復活祭』と題したライブを開催。 更に同年5月1日には加賀の自宅にグッバイのメンバーが全員集まり、年内のデビュー30周年記念ライブについてのミーティングも開いたが、その矢先に加賀の体調が再び悪化。 同月25日に予定されていたバンド「えじら」でのLIVEにも欠席し、同月27日より再び入院生活に入った。 そして肺炎を併発しているとの診断を受け、2013年7月2日午前10時15分に逝去。 55歳没。 通夜は同月4日、葬儀・告別式は5日に祐天寺・祐光殿で営まれた。
    グッバイのメンバー・野村義男は、「今日お見舞いに行って、いっしょに笑って写真撮ろうと思ってた日に死ぬんじゃねぇ〜よ。涙が止まらないじゃんか。ふざけやがって」と、
    曾我泰久は、「今朝、盟友 加賀八郎くんがこの世を去りました。 いまだに信じられません。言葉になりません。無念です」、 「ぱっつぁんと一緒にバンドをやれた事を誇りに思います。 そしてこれからもぱっつぁんが残した曲を歌い繋いでいこうと思います」と、
    そして衛藤浩一は、「ぱっつぁんが旅立っちゃった。正直まだ信じらんないけど…最期まで、強かったね。今まで本当にありがとうでした。とにかく今はゆっくり休んでね。 さよならはまだ言わないよ」と、それぞれ盟友の死を悼んだ。

  • 2014年7月6日、一周忌を迎え、親交のあったミュージシャン仲間が集い、加賀の生みだした音楽を演奏して偲ぶ「はっつぁん祭 〜加賀八郎メモリアルチャリティーLIVE〜」が行われた。 当日の収益の一部は、「日本骨髄腫患者の会」に寄付された。

  • 2015年12月11日、加賀の闘病生活を妻が描いた漫画『はっちゃん、またね 〜 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日』が発売。

  • 月刊少年漫画雑誌『ゲッサン』(2019年11月号、小学館)にて、加賀の娘が「佐伯よしはる」名義で漫画家デビュー。


人物

  • 実家は目黒区祐天寺の墓石・石材販売店。

  • デビュー時には「1961年生まれ」とし、3歳も若くサバを読んでいた。

  • デビュー当初の愛称は「スヌーキー」だった。 由来は、加賀八郎という名前が、歌手の春日八郎から「」の文字を抜いた名前だから。これに、「スヌーピー」の語感を掛け合わせて名付けられた。

  • 愛猫家。

  • 好きな人物 - 栗本慎一郎

  • 好きな作家 - 筒井康隆、ジャック・ケルアック

  • 好きな漫画家 - 諸星大二郎、星野之宣

  • 好きなテレビ番組 - 『世界の車窓から』(テレビ朝日)

  • 好きなテレビ映画 - 『25年目の弦楽四重奏』、『The Blues Brothers』、『スケアクロウ』、『セブン・イヤーズ・イン・チベット』、『もののけ姫』、『イージー・ライダー』

  • カレーが好きで、元麻布の「きりん屋」(持ち帰り専門店)と、渋谷百軒店の「ムルギー」がお気に入りの店だった。


ディスコグラフィ

客演参加

  • We Love Bakufu Slump (2011年12月25日)
  • 爆風トリビュートComplete (2013年1月15日)
      上記の2枚は、ファンキー末吉プロデュースによる爆風スランプのトリビュートアルバム。 シングル曲『月光』のカップリング曲だった『それから』を曾我泰久が歌い、加賀と衛藤浩一が友情出演という形でコーラス参加した。


漫画

  • はっちゃん、またね 〜 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日
      (2015年12月11日、講談社 KCデラックス BE LOVE)
      加賀の闘病生活を、妻・池沢理美が描いたコミック。 巻末には、グッバイのメンバー3人のメッセージも掲載されている。


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.