ジャニーズ百科事典





藤島ジュリー景子

藤島ジュリー景子(ふじしま ジュリー けいこ、別名義:藤島ジュリーK.、1966年7月20日 - )は、ジャニーズ事務所の二代目代表取締役社長 (旧取締役副社長)、および関連会社「ジェイ・ストーム」、「株式会社 TOKIO」、「ユニゾン」、「エム。シィオー。」、「ジャニーズ・ミュージックカンパニー (旧称:ミュージックマインド)」、「東京・新・グローブ座」の代表取締役社長。 日本中央競馬会(JRA)の馬主。 かつてはタレント活動もしていた (ジャニーズ事務所の女性第三号タレント)。
ジャニーズ事務所の会長・メリー喜多川と、作家・藤島泰輔との間に生まれた一人娘。
「ジュリー」というミドルネームの由来は、7月生まれだったため、July(ジュライ)から採られた。


 


来歴

  • 1970年11月25日発売の永田英二のシングルレコード『あのとき僕たちは』のジャケット写真にてモデルデビュー。 当時4歳。

  • 1973年、6歳の時に、フォーリーブス主演のミュージカル『見上げてごらん夜の星を』にて、「フジシマ ジュリー」の名で本格的に芸能界デビュー。
    その後、名義を少しずつ変えながら、『おはよう!こどもショー』、『小さなスーパーマン ガンバロン』、『3年B組金八先生(第1シリーズ)』、『HOT-TV』などのテレビ番組に出演した。

  • 中学からは元麻布の「西町インターナショナルスクール」へ進学。  高校は父親・藤島泰輔同伴の下、アメリカへ留学。  大学はジャニー喜多川と学部まで同じの、上智大学比較文化学部に進学。

  • 大学在学中はスイスに留学した他、「藤島ジュリー」や「ジュリー・ケイ」名義でジャニーズ事務所の専属スタイリストを務める。 親友の薬師丸ひろ子のスタイリストを務めたこともあった。 大学卒業後はフジテレビの嘱託社員になり、秘書室で役員秘書を1年間務めた。
    その後、ジャニーズ事務所のタレントのプロデュースをするようになる。 初めてプロデュースしたのはTOKIOで、1994年のCDデビュー時からプロデュースを始めた。

  • やがてジャニーズ事務所の取締役副社長に就任 (メリー喜多川との共同副社長)。 更に、初の自社レコードレーベル「ジャニーズ・エンタテイメント」の初代社長を経て、新レコードレーベル「ジェイ・ストーム」など、数多くのジャニーズ事務所の関連会社の代表取締役社長に就任した。

  • 2019年9月27日、ジャニーズ事務所の二代目代表取締役社長に就任。


人物

  • じっとしていられない性格で、家に居るのが何より嫌いな行動派。

  • 英語とフランス語を話せる。

  • 業務交渉のスタイルが母親のメリー喜多川と似ていることから、業界の一部では「ミニメリー」と呼ばれている。

  • ネット上では顔が「森三中」の黒沢かずこに似ていると言われることがある。

  • かつて東山紀之との交際・婚約、俳優の中井貴一とのデート、某テレビ局のプロデューサーとの不倫交際などが報じられたこともあったが、2004年の暮れ、38歳の時に、小さな広告代理店「株式会社アムハースト・リミテッド」(1994年1月設立)を営む高橋拓也(当時39歳)と結婚。 高橋は婿養子として藤島家に入り、「藤島拓也」となって、自身の広告代理店と並行しながら、ジャニーズ事務所の関連企業である「株式会社ジェイ・ストーム」の取締役(2006年4月〜2009年5月)、「株式会社アートバンク」の代表取締役社長(2006年3月〜2008年12月)も務めた。 そして、ジュリーは結婚と同時期の2004年暮れに女児を出産した。  夫はアメリカでフジテレビの海外コーディネーターをしていたことがあり、その時に知り合ったが、2009年に離婚した。[1]

  • 父親と同じく日本中央競馬会(JRA)の馬主資格を取得し、競走馬の「エドノタイクーン」、「ベストオブジュリー」、「ジュリースター」、「ビーマイロミオ」(2,800万円で購入)、「ゴートゥザトップ」、「マイハピネス」などを所有した。(この内、「エドノタイクーン」は父親の死後に所有権を引き継いだもの)

  • 亡き父親・藤島泰輔の著作の権利は、ジュリーが継承した。

  • 渋谷区松濤にある8億円の豪邸の購入を考え、実際に物色していたことが報じられている。

  • 2010年時点での愛車は白色のベンツで、車内のシートの色を真っ赤にカスタムしていた。

  • 歌手の竹内まりや、女優の大地真央などと、プライベートでも親交が深い。

  • EXILEを始めとするLDH勢は、ジャニーズと同じように歌って踊る男性集団なのにもかかわらず、芸能界でジャニーズ勢と共存できたのは、ジュリーに理由がある。 投資好きなジュリーは、LDHに対しても出資をしており、LDHが儲かれば儲かるほど、ジャニーズ事務所にも収益が入っているというシステムを構築しているため、ジャニーズとLDHとの共存が可能となっている。 (平本淳也が2019年10月22日のトークイベントにて明かした)


主な出演作品

バラエティ番組

  • おはよう!こどもショー (日本テレビ)
       古谷三敏と共に「ダメおやじの何でも相談」のコーナーを担当。
  • HOT-TV (1980年4月6日 - 、フジテレビ)
      鈴木ヒロミツと共に司会を務めた生放送の音楽バラエティ番組。「勝ち抜きバンド合戦」などのコーナーがあった。 当初の放送枠は毎週日曜・10:00 - 11:00だったが、人気が振るわず、途中から毎週日曜・14:00 - 14:30に縮小されてしまった。

テレビドラマ

連続ドラマ
  • 小さなスーパーマン ガンバロン (1977年4月24日、日本テレビ)
       第4話に街頭インタビュアーの少女役でゲスト出演。 藤島ジュリー名義。
  • 3年B組金八先生 (第1シリーズ) (1979年10月26日 - 1980年3月28日、TBS)
       越智はるみ役。 第8話「子供の喧嘩に親が」でメイン。
  • 3年B組金八先生 (第2シリーズ) (1980年12月26日、TBS)
       越智はるみ役。 第13話「同窓会・贈る言葉」にゲスト出演。
単発ドラマ
  • 名犬ゴローの愛 (1981年7月30日、日本テレビ)
       3年連続で放送された「名犬ゴローシリーズ」の第2弾。
  • 3年B組金八先生スペシャル (1982年10月8日、TBS) 越智はるみ役

ミュージカル

  • 見上げてごらん夜の星を
      (フォーリーブス結成7周年記念ミュージカル。1973年6月17日 - 9月2日に北海道から沖縄まで全国で公演。 大阪公演:7月30日 - 8月2日、東京公演:8月31日 - 9月2日。 作・演出:永六輔。音楽:いずみたく)
  • おはよう!こどもショー ポケットミュージカル (JJSと共演)

CM

  • 日清食品 「ジョイカップ101 (いちまるいち)
      (1975年3月 - 。しょうゆ味のカップラーメン。販売価格:100円。ジュリーは当時8歳。フォーリーブスと共演)

雑誌

  • 週刊プレイボーイ (1980年7月15日号、集英社)
       「ガールフレンドにしたいTVアシスタントギャル Best7」(モノクロページ)


ディスコグラフィ

  • 見上げてごらん夜の星を (1973年7月21日)
      フォーリーブスのアルバム。 南沙織、スーパーエイジスも共演。
      ジュリーは「フジシマ ジュリー」名義で、『どうしてなの』(おりも政夫とのデュエット)、『恋しなさい息子達よ』(フォーリーブス、宇治かほるとの共演)の2曲で参加。


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.