ジャニーズ百科事典





ジャニーズJr.

ジャニーズJr.(ジャニーズ・ジュニア)とは、ジャニーズ事務所に所属するタレント集団である。  同事務所の公式ホームページにて、プロフィールページが設けられていないタレントを指す総称。  「ジャニーズ・ジュニアー」、「ジャニーズ・ジュニアーズ」、「ジャニーズJR.」などの表記が使われていた時期も存在する。

現所属者と退所者を混合で、生年順に取り上げる。
名前の漢字の読みは「ジャニーズJr. 一覧 (五十音検索)」の項目を参照。


 


概要

  • 主としてジャニーズ事務所に所属するタレントのバックダンサーを務める。

  • Jr.のメンバーたちは、メジャーデビューを目指して個人同士、あるいはユニットごとに切磋琢磨し、学業や多忙な活動の合間を縫ってダンスなどのレッスンに励む。 しかし、メジャーデビューできる者はごくわずかな狭き門である。
    入所年齢はどんどん低年齢化し、小学生での入所が珍しくなく、高校生になると退所する者が顕著である。

  • 関東のJr.は基本的に「ジャニーズJr.」と呼ばれ、敢えて“関東”や“東京”を付けることは無いが、ファンの間では関西Jr.との違いを付けるために、“関東”や“東京”を付けて呼ぶことがある。 また、関西や名古屋のJr.は関東のJr.と比較するため、「関西ジャニーズJr.」や「名古屋ジャニーズJr.」と呼ばれている。
    名古屋Jr.はテレビや雑誌への露出が少ないため、事務所の入退所状況が分かりにくく、在籍者が不明なことが多い。 名古屋Jr.の主な活動は、愛知県周辺で先輩がコンサートをする際のバックダンサーである。 上京などを理由に関東Jr.に移籍する場合があり、逆に関東Jr.や関西Jr.から名古屋Jr.になる者もいる。

  • ジャニーズJr.は、
      「フレッシュJr.」 (通称:フレジュ)
      「リトルJr.」、「Littleチーム」、「ちびっこJr.」 (通称:チビジュ)
      「ミドルJr.
      「ジャニーズSr.」、「兄組」 (ファンからの俗称)
    などの枠組、階層で分けられることがある。

  • ジャニーズJr.の枠にまだ正式に入らない段階の者は、「研修生」(別名:レッスン生。通称:レッ生)と呼ばれる。 古くは、「芸研ジャニーズ」や「ジャニーズ・芸研グループ」などの名で存在していた。 そして、研修生をダンスのレベルによってアルファベットで区別し、一定試験をクリアしたらJr.に昇格出来るなどの体系も存在する。

  • その他、ジャニーズ事務所に所属するグループのコンサートでバックダンサーの手伝いをするだけの「コンサートJr.」も存在する (主に名古屋や関西の現場に多い)。 彼らは事務所に所属している訳ではなく、元ジャニーズJr.や他者からの繋がりで集まった者たちであるが、ここから正式にジャニーズJr.へ復帰、昇格する場合もある。 また、違う事務所の子役からジャニーズJr.になるというケースも少なくない。
    海外でも、2000年2月のKinKi Kidsのアジアツアーを皮切りに、台湾と香港でコンサートJr.のオーディションが行わることがあり、そこで選ばれた現地人によるコンサートJr.は、「台湾Jr.」、「香港Jr.」と呼ばれた。  2001年5月に選ばれた台湾Jr.の中には、後に関西Jr.を経て「ジャニーズWEST」のメンバーとなる中間淳太も在籍した。
    なお、ジャニーズ事務所と業務提携していたタイの兄弟アイドルデュオ「GOLF & MIKE」の2名に対し、雑誌などで「タイJr.」と呼ばれたが、これはあくまでも通称であり、正確にはジャニーズ事務所所属でもジャニーズJr.でもない。

  • ジャニーズJr.には正式なファンクラブは無いが、それに準ずるものとして「ジャニーズジュニア情報局」がある。  CDデビューを果たすなどして、公式ファンクラブが発足された者はジャニーズJr.とは呼ばれなくなり、Jr.から卒業と見なされる。

  • また、過去に存在した「ジャニーズJr.」名義でのグループとして、1963年結成のバンド「ジャニーズ・ジュニア」と、1973年結成の「ジャニーズ・ジュニア (第1期生)」がある。

    1. 1963年に結成されたバンド「ジャニーズ・ジュニア」(便宜上での初代Jr.)は、「ジャニーズ」のバックバンドであり、ジャズ喫茶などでのライブ活動も行っていた。
      当グループを“最初期のジャニーズJr.”、“事実上のジャニーズJr.第一期生”という見方も出来るが、その後のジャニーズJr.の定義からは外れたバンド専門のグループに当たるため(ただし松下公次だけは正式なJr.枠)、あえて当サイトでは、Jr.の一覧表にこのバンドメンバーの名前は記載しない。

    2. 1972年12月に結成された「ジャニーズ・ジュニア (第1期生)」とは、フォーリーブス郷ひろみのバックダンサーとして活動していたグループを指す。
      まず最初に、1971年から1972年にかけて、「ジャニーズJr.」の呼称が一時消滅していた時期がある。 その間のJr.は、「ジューク・ボックス・ジュニア」と呼ばれており、1971年8月のミュージカル『少年たちシリーズ第5作 〜 フォーリーブス・ミュージカル 明日なき友情』、 1972年1月〜3月のミュージカル『少年たちシリーズ第6作 〜 フォーリーブス・ライブ・ミュージカル 生きていくのは僕たちだ!』(1971年10月公演には不参加)、 1972年12月のミュージカル『フォーリーブス物語 〜 星に帰った若者』などに出場していた。
      そして、1972年12月より郷ひろみの看板番組『ひろみと共に』(テレビ東京。毎週金曜正午からの30分番組)に当時のJr.たちがアシスタントとしてレギュラー出演を開始した時から、ジャニーズJr.の呼称が復活した。  翌1973年5月5日 & 6日に日本劇場で行われた『第49回 ウエスタン・カーニバル 郷ひろみショー』にも、板野俊雄、林正明、畠山昌久、山縣孝良、鈴木寛の5名で「ジャニーズ・ジュニア」として登場 (このステージでは小坂まさるはソロ名義で出演)。  これが後にグループとしての「ジャニーズ・ジュニア (第1期生)」となっていく。
      メンバーが続々と増えていく中、1974年春に、小坂、板野、林、畠山、山縣、鈴木寛、柏木孝夫、近藤純市、吉田義久(吉田は1974年3月の一番最後の参加者)の9名に定着したため、ジャニーズ・ジュニアの第1期生はファンから「9人ジュニア」という俗称でも呼ばれた。 (なお、9名に定着するまでの間には、鳥越晃、原川吉臣、鈴木節夫、池田洋の4名も一時参加していた)

      この9名で、ジャニーズ事務所の自主制作による2枚組ライブLP『フォーリーブス・郷ひろみ ジョイント・リサイタル』に参加したり、フォーリーブス主演の映画『急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS』(1974年7月、東宝)や、北公次主演の連続テレビドラマ『ボクは恋人』(1974年7月からの参加、フジテレビ)などにも出演していた。  当時は、「1、2、3、4、郷ひろみ! 6、7、8、9、ジュ〜ニア!」という応援コールもあった。
      しかし1974年夏、ジャニー喜多川は9名のジュニアを3名(板野、林、山縣)と6名(小坂、近藤、畠山、鈴木、吉田、柏木)に分割し、3名の方にだけ「ジュニア・スペシャル」という新しい名称を与えた。 この采配が引き金となり、紆余曲折を経て、9名中の6名(小坂、近藤、山縣、鈴木、吉田、柏木)がバーニングプロダクションへ移籍して「メッツ」を結成。 ジャニーズ事務所に残った3名(板野、林、畠山)も「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル (通称:JJS)」を結成し、それぞれレコードデビューした。(詳細はそれぞれの項目を参照)

  • 上記の「ジャニーズ・ジュニア 第〇期生」という呼称は、1976年に入所した第7期生で最後となる。 そして1978年の「JOHNNYS' ジュニア・スペシャル」解散以降、ジャニー喜多川は、“ジャニーズ・ジュニア”という呼称はもう使いたくないとして、意図的に封印する (錦織一清がラジオ、植草克秀がテレビ番組で言及)。  その間ジャニーズJr.は、ファンたちからは「ジャニっ子」、事務所内では「ジャニーズ少年隊」と呼ばれていた。
    1981年になり、「ジャニーズ少年隊」の名前を使った単独のグループが結成される (少年隊の前身グループ)。  これにより、ジャニーズJr.は「ジャニーズ・ジュニアーズ」という名称で復活する。 テレビ東京の『ザ・ヤングベストテン』(1981年10月6日 - 1982年9月21日)や『レッツGOアイドル』(1982年10月16日 - )にて、この名称で登場。  その後、「ジャニーズ・ジュニア (ジャニーズJr.)」の名称へと戻っていった。
    1990年代半ばには、番組名に「ジュニア」の名を冠したテレビ番組を持ち、その後も東京ドームなどの3大ドームや日本武道館でコンサートを行うほどの人気を獲得している。
    この他、少年隊のバックを務めるJr.に対する総称として「少年隊ジュニア」、 ユニットに所属していないJr.に対する総称として「Jr.BOYS」という名称も存在した。(ただしいずれも、単独グループの名称としても使われている。詳細は各リンク先を参照)
    嵐のバックを務めるJr.に対する総称としては、「嵐組」も存在した。

  • ジャニーズJr.は長らく、ジャニーズ事務所とは契約書を交わさないまま芸能活動をする存在であったが、2018年より、第一線で活動するJr.たちは事務所と正式に「年間専属契約」を結ぶように改定された。



ジャニーズJr. 一覧 (関東組)

  • 1950年代生まれ 

  • 1960年代生まれ 

  • 1970年代生まれ 

  • 1980年代生まれ 

  • 1990年代生まれ 

  • 2000年代生まれ 

  • 生年未詳 

  • ジャニーズJr. 現役グループ一覧 
    • Travis Japan (略称:トラジャ) [1]
    • HiHi Jets (旧名:HiHi JET → HiHi Jet → HiHi Jets → HiHi Jet)
    • 宇宙Six
    • 少年 (2019年1月7日よりこの名前に。旧名:Tokyo Boyz → 東京B少年 → Sexy美少年)
    • 7 MEN 侍 (セブンメンさむらい)
    • 少年忍者 (旧名:ちびっこ忍者!)
      • 5忍者 (ごにんじゃ。少年忍者からの選抜チーム)
      • 7忍者 (ななにんじゃ。少年忍者からの選抜チーム。メンバーはローテーション)
    • Jr.SP (ジュニア・スペシャル。旧名:ジャニーズJr.SP (ジャニーズ・ジュニア・スペシャリスト → ジャニーズ・ジュニア・スペシャル)


関西ジャニーズJr. 一覧

愛称:関ジュ関ジュニ。  関西Jr.の入所日順のリストは、「入所日順リスト」を参照。



名古屋ジャニーズJr. 一覧

詳細は 名古屋ジャニーズJr. 一覧 を参照。



元気Jr.

詳細は 元気Jr. を参照。



研修生一覧

詳細は 研修生一覧 を参照。



ゲスト参加者

「ゲスト」とは、ジャニーズJr.である友人の付き添いや、他のプロダクションからの出向などで、ダンスレッスンを体験させてもらった者。 つまり、ジャニー喜多川による審査を通らずにレッスンに参加した者。

五十音順

  • 大崎丈二 (後の高知東生 (たかち のぼる)

       

       

  • 高松〇〇

       

  • 中山秀征

       

  • 山根健一

       



『Johnny's Jr. 名鑑』

詳細は 『Johnny's Jr. 名鑑』 を参照。



関連項目



外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.