ジャニーズ百科事典





ジャPAニーズ

 
 


ジャPAニーズ (ジャパニーズ)は、かつてジャニーズ事務所に所属していたバックダンスグループ。
愛称:ジャPA。 1978年1月結成。 1982年5月18日解散。
なお、ジャPAニーズの後には、派生グループとして 「ジャPAニーズ・ジュニア」 と 「ジャPAニーズHi!School」 が誕生した。


 


グループ名変遷

  1. インフォメーション・ブラザーズ (略称:インフォメーションズ
  2. ディスコ・メイツ 
  3. ジャパニーズ 
  4. ジャPAニーズ (1981年より)


メンバー

  • 細野謙治 (愛称:トミー、トミーリーダー。 後の小林謙治。 二代目リーダー 兼 マネージャー。 振付担当)

       

  • 吉野明男 (愛称:ボビー。 後のボビー吉野Bobby吉野。 トミーと同じく振付担当)

       

  • 乃生佳之 (愛称:のおちん

       

  • 板野俊雄 (愛称:トシちゃん、イタトシ。 1980年6月1日から加入)

       


脱退メンバー

  • デビッド・宮原 (愛称:デビッドデビ。 板野と交替でグループ脱退)
  • 舟喜豊 (愛称:ゆたか。 板野と交替でグループ脱退)
  • ニック (初代リーダーだったが、結成から間もなくして脱退)
  • 他1名 (グループがジャニーズ事務所に所属してすぐに脱退)

サポートメンバー



概要

  • 1974年、ダンスグループ「FUNKY DOLLS」が、バンド「BIB (ブラザーズ池袋バンドの略)」とのパッケージで、池袋・ロサ会館 7Fの大型ディスコ「ADAMS APPLE」でステージデビューする。 FUNKY DOLLSは日本におけるロックダンス、ロボットダンス、ソウルダンスなどの先駆け的なチームで、男3人、女1人の4人組。 リーダーはジョニー。 女性メンバーの愛称は「お京」。 その後、FUNKY DOLLSは全国のディスコやライブハウスでダンスショーを行うようになり、全米チャート1位のコーラスグループ「The Hues Corporation」の来日公演が1975年8月31日に新宿歌舞伎町・東宝会館 4Fのキャパ1500人収容の大型ディスコ「Big together」で行われた際には、オープニングアクトも務めた。
    ディスコの全盛期だった1976年、FUNKY DOLLSはダンスコンテストの優勝を軒並み奪い、話題となる。 特に、美容師志望の少年・ボビー(本名:吉野明男)は、ファンキーを踊るとカミソリのようなキレがあったことから、“カミソリボビー”とまで呼ばれていた。 やがて実力を認められたボビーは、六本木のディスコでショーの構成を始める。 そしてそのディスコに客としてよく通っていたのが、当時大学生で役者志望だった細野謙治(トミー)だった。

  • 1977年、全国のメジャーなダンスコンテストの入賞者だけが出場できる「プレイボーイダンスコンテスト」にボビーが出場し、男性個人の部で優勝。

  • 1978年1月、ボビーとトミーが、高田馬場のディスコ「リチャード三世」の常連客だったニックたちと知り合って意気投合し、6人組のソウルダンスグループ「インフォメーション・ブラザーズ (略称:インフォメーションズ)」を結成。 ほぼ毎日4時間のレッスンを経て、同年2月より活動を開始し、新宿の「ジャンボディスコ プレイハウス」でのショーを皮切りに、関東のあらゆるディスコに出演する。 その中には、新宿歌舞伎町・東宝会館 7Fの、キャパ3000人収容で当時世界最大と言われたダンスフロアのアメリカンディスコ「トゥモローU.S.A」(通称:ユサ)で行われたインフォメーションズが主役の一夜限りのノーギャライベント「オカマダンス 対 ファンキーダンス」などもあった。 (このイベントを手掛けたのは、DJや、ダンスチーム「BAD CHILDREN」のダンサーなどで活動し、当時の都内のディスコシーンで名を馳せていたRONNY)
    なお、インフォメーションズの初代のリーダーはニックだったが、ニックは途中で脱退し、トミーが2代目リーダーとなった。 (ニックはその後、横山エミーの1979年のデビューシングル『ディスコ・バンピレラ』の男性2人組のバックダンサーの1人に)

  • やがて、インフォメーションズのステージに魅了された乃生佳之(ノオチン)が「僕も入りたい!」と頼み込んで加入し、再び6人組となる。
    3人組の黒人コーラスグループ「The Softones」と、Lockerの名手・Jimmy Scoo B Doo(本名:James Foster)率いる6人組の黒人ダンスチーム「Something Special」の来日ジョイント公演(1978年1月12日〜2月24日の日本全国ツアー)の中でインフォメーションズが前座を務める機会があり、これが絶賛され、Something Specialのアメリカ公演にも招かれて共演した際には、ビルボード誌に取り上げられるほどの実力派グループとなっていた。

  • このインフォメーションズがジャニーズ事務所入りした経緯について、2代目リーダーの細野謙治が、よりメジャーな活動を目指してジャニーズ事務所に売り込みの電話をかけた結果、面談に応じて貰えることになった、とメンバーたちは後に語っているが、実際の入所の経緯は少し違う。
    まず、2代目リーダーの細野謙治が、よりメジャーな活動を目指して渡辺プロダクションやホリプロなどに売り込みの電話をかけるも、全く取り合ってもらえないでいた。 一方で、当時(1978年)は、日本でもアース・ウィンド&ファイアーのシングル『宇宙のファンタジー』が大ヒットしていた。 そしてアースの日本版レコードを担当していたディレクターが、CBS・ソニーの殿井隆だった。 そのCBS・ソニー繋がりで、フォーリーブスが同曲を日本語でカバーすることとなった (発売されたのは同年7月1日)。
    これを機に、CBS・ソニーがプロモーションの一環で、同曲を課題曲としたダンスの全国大会「ファンタジーダンスコンテスト」を企画。 日本全国のダンサーたちが呼び集められ、同年5月22日(月曜日)に渋谷ビデオスタジオで開催された。 そのコンテストの模様はテレビ収録もされ、フォーリーブスのおりも政夫が司会を務めていたバラエティ番組『23時ショー』(テレビ朝日)にて後日放送された。 そしてこのコンテストに、インフォメーションズも参戦することとなった。
    インフォメーションズは本格派のソウルダンスだったため、コンテストの趣旨であるファンタジーダンスとは毛色が違い、大会では選外となった。 しかし、このコンテストを観ていたジャニーズ事務所のスタッフによって声をかけられる。 当時のインフォメーションズの風貌は、アフロヘアに日焼けした肌、ヒッピーの様な服装、そして髭をたくわえたメンバーも居るなど、とてもアイドル事務所には似つかわしくないものだったが、六本木のジャニーズ事務所の地下の「アトリエ・フォンテーヌ」で行われた役員面談でダンスの実力を披露した所、ジャニー喜多川に「Youたち面白いねぇ。フォーリーブスの解散コンサートがあるから踊ってよ」と認められ、事務所入りを果たした。 つまり、自らジャニーズ事務所に売り込んだというのは誤りで、最初のきっかけはジャニーズ側からの声がけであり、本格派のソウルダンサーを自負していたメンバーたちは、むしろジャニーズのアイドル系の仕事に対して常に葛藤し悩み、かつての先輩・RONNYに相談しにも行っており、後に半分ものメンバーが辞めて行くこととなる。 [1]

  • ジャニーズ事務所に所属した際、グループ名を「ディスコ・メイツ」に改名。 この段階でメンバーが1名脱退し、5人組となる。 1978年7月26日から8月31日まで、フォーリーブスの解散コンサートツアーに帯同。

  • 同年秋より、“世界に通用するように” と、グループ名が更に「ジャパニーズ」へと改名され、川ア麻世の専属バックダンスグループとなる。

  • 同年12月12日、イギリスのレコード会社・EMIが主催(日本予選の主催は東芝EMI)の「第1回 世界ディスコダンス選手権大会」の決勝がロンドンのエンパイア・ボールルームで開催され、世界37ヶ国の代表ダンサーの中から日本人のテディ・団(本名:団忠昭。私立大阪鉄道高校〔応援部〕卒)が優勝。 そしてその模様を日本でテレビ放送した際の司会者が、おりも政夫だった。 当時はディスコブームで、日本全国に次々と新しいディスコがオープンしており、テディ・団は1979年1月より各地のディスコのオープニングショーに招かれるようになった。 その全国パフォーマンスショーの振り付けを、ボビー吉野が手掛ける。

  • 1979年4月15日〜6月24日、日本テレビのダンス番組『ミュージック・ボンボン』に、ジャパニーズがテディ・団や「ピラミッド」と共にレギュラー出演。
    また、同年4月からはNHK『レッツゴーヤング』にもバックダンサーとしてレギュラー出演。 以後、1982年3月まで、倉田まり子『HOW!ワンダフル』(1979年夏)、『イヴニング・スキャンダル』(1980年)、『恋はAmi Ami』(1981年)、 比企理恵『恋のローラー・ブーツ』(1979年)、 麻生よう子『恋のサバイバル2』(1979年9月9日)、 松田聖子『裸足の季節』(1980年春)、 松原みき『ニートな午後3時』(1981年)、 石野真子『思いっきりサンバ』(1981年3月22日)、 松田聖子&河合奈保子『ザナドゥ』(1981年4月12日)、 日のり子『もう一度・ブラックコーヒー』(1981年11月15日)、 柏原よしえ『恋人たちのキャフェテラス』(1982年2月7日)ほか、数多くの歌手のバックを務めた。

  • 1980年、デビッド・宮原と舟喜豊が脱退。 入れ替わりで、同年6月1日に元「JJS」の板野俊雄が加入し、同日よりジャパニーズは田原俊彦の専属バックダンスグループとなった。
    3オクターブ半の高さの歌声を持つ板野は、ジャパニーズに入る前に、まだ結成前だったロックバンド「LOUDNESS (ラウドネス)」の初代ボーカルにも誘われていたが、それを断ってジャパニーズの方を選んだ。 歌唱力のある板野が入ったことで、ジャパニーズはダンスだけでなくバックコーラスでも活躍するようになった。

  • 1981年、グループ名表記を「ジャパニーズ」から「ジャPAニーズ」に改名。
    なお、ジャPAニーズは田原俊彦だけでなく、近藤真彦のコンサートのバックや、ひかる一平の歌番組出演時のバックにも付いたことがあった。

  • メンバー間での価値観の相違が絶えず、1982年5月18日、渋谷公会堂での田原俊彦のコンサートにて解散した。(田原のシングル『君に薔薇薔薇・・・という感じ』までバックに付いていた)


エピソード

  • バックダンスグループだったジャPAニーズにも、ファンによるジャPA専門の親衛隊が存在した。

  • 田原俊彦の『恋=Do!』のバックでの、女の子の着ぐるみ「チャチャ人形」の役は、乃生佳之が担当した。

  • 某メンバーがアムウェイをやっていた。

  • ジャPAニーズの派生グループとして、1982年に「ジャPAニーズ・ジュニア」、更に2010年には「ジャPAニーズHi!School」が誕生した。

  • フジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』内の企画「第12回 博士と助手 〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」(2008年3月27日放送)にて、いとうあさこが、「「もっとこっち向いていいんだよ」とこちらが気を遣う程背中で踊る田原俊彦のバックダンサー ジャPAニーズ」と、「気がつけばどこを曲げても90°、田原俊彦のバックダンサー ジャPAニーズ」のタイトルで、ジャPAニーズのものまねを2本披露した。


主な出演作品

バラエティ番組

  • 23時ショー (1978年春、テレビ朝日、司会:おりも政夫) - 「ファンタジーダンスコンテスト」の企画でテレビ初出演
  • ミュージック・ボンボン (1979年4月15日 - 6月24日、日本テレビ)
      毎週日曜夜7時から30分間放送していたダンス番組で、「ピラミッド」と共に出演していた。
  • レッツゴーヤング (1979年4月 - 1982年3月、NHK総合) レギュラー
  • ヤンヤン歌うスタジオ (テレビ東京) レギュラー
  • たのきん全力投球! (1980年10月9日 - 1983年3月27日、TBS) レギュラー
  • 第8回 オールスター寒中水泳大会 (1981年2月、フジテレビ・火曜ワイドスペシャル)
      「ジャパニーズ」(板野俊雄、吉野明男、細野謙治、乃生佳之)名義で出演。
  • ヨッちゃん・ぼんちのアイドル大集合 ! ! (1981年4月8日 - 9月23日、日本テレビ) レギュラー
  • 第12回 オールスター紅白水泳大会 (1981年7月、フジテレビ・火曜ワイドスペシャル)
      「ザ・ジャパニーズ」(トミー、ボビー、ノーチン、トシオ)名義で出演。
  • たのきん後楽園コンサート −5万人大集合!真夏の祭典− (1981年、日本テレビ)
  • 第4回 新春オールスター水上大運動会 (1982年1月3日、TBS) 「ジャパニーズ」名義
  • 第9回 オールスター寒中水泳大会 (1982年2月、フジテレビ・火曜ワイドスペシャル)
      「ジャパニーズ」(トミー、ノーチン、ボビー、トシオ)名義で出演。

乃生佳之

  • アップルシティ500 (ファイブオーオー) (1982年10月6日 - 1983年5月5日、TBS)
      毎週水曜にとんねるず、かとうゆかり、木曜に小森まなみと共に司会。
  • 夜のヒットスタジオ (1983年4月4日、フジテレビ)
      『だいじょうぶ マイ・フレンド』を、ピーター・フォンダ、加藤和彦、渡辺裕之、村上龍、根津甚八、広田玲央名との全7名で披露。
  • 霊感ヤマカン第六感 (1983年、テレビ朝日) ゲスト出演
  • 欽ちゃんの週刊 (欽) 曜日 (1984年11月9日から出演、TBS)
  • アイドル共和国 (1990年、テレビ朝日)
  • 桜っ子クラブ (1991年4月20日 - 8月26日、テレビ朝日)
      「桜っ子クラブさくら組」のオーディションの審査員として出演。
  • 1億人のラブコール 感動!あの人に逢いたい ’91 (1991年12月29日、TBS)

細野謙治

  • さんまのまんま (1989年6月29日、フジテレビ) 大倉利晴と共にゲスト出演
  • お台場明石城 −NOMAD− (2005年、フジテレビ)
      竹内誠 presents 「Yes, I know show (明石家1級試験)」の企画と、2005年9月19日放送の企画「明石家さんまの24分間テレビ」に出演。
  • 明石家さんまの5時間くらいテレビ 「生きとる」 (2005年8月27日、CS・フジテレビ739)

吉野明男

  • 出没!アド街ック天国 「京成高砂」 (2007年6月16日、テレビ東京)
  • スッキリ ! ! 特別版 (2013年4月13日、日本テレビ) 「アニー2013 オーディション密着!少女たちの涙」
  • 関ジャム 完全燃SHOW (2015年5月31日、テレビ朝日)
  • 出没!アド街ック天国 「京成高砂」 (2017年2月25日、テレビ東京)
  • あいつ今何してる? (2021年1月27日、テレビ朝日) 妻と共に出演

テレビドラマ

  • 1年B組新八先生 (1980年8月8日、TBS)
      第17話「新八兄貴大行進!」にてディスコの客役

細野謙治

乃生佳之

  • おにいちゃん (1982年7月27日 - 10月26日、TBS) 川ア麻世と共演
  • 年ごろ家族 (1984年1月10日 - 3月27日、TBS) 滝井亮一役
  • 大型時代劇スペシャル 「霧の橋の決闘! 〜 みちのく紅花女と必殺男・江戸の中小企業がんばる!」
      (1999年7月6日、テレビ朝日。原作は乙川優三郎の第7回時代小説大賞受賞作品)

映画

乃生佳之

  • ハイティーン・ブギ (1982年8月7日)
  • TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever (1983年8月4日)
  • だいじょうぶ マイ・フレンド (1983年4月29日) モニカ役
  • 虹の橋 (1993年10月9日) 彦十役

舞台

乃生佳之

  • 劇団四季公演 「CATS」 (1984年、西新宿キャッツ・シアター)
  • ラ・ボエーム ’85 ミュージカル 「原宿物語」 (1985年11月16日 - 24日、中野サンプラザ) サブ役
  • 日清食品ミュージカル 「シンデレラ」 (1986年3月21日 - 4月6日:シアターアプル、その後全国公演) 王子役
      ※ 当初はひかる一平が王子役を務める予定で、ひかるの顔写真が入ったチラシも配布されていた。
  • KEI ONO DANCE NUTS公演 「踊らせて鳥のように」
      (1990年3月、新宿シアターサンモール、作/演出:森泉博行、演出:小野恵子)
      小野恵子は、名倉加代子の弟子で、ジャズダンスの振付師。
  • マランドロ 〜 チ・ン・ピ・ラ・オ・ペ・ラ
      (1990年7月6日 - 28日、日生劇場、主演:田原俊彦、演出:宮本亜門、振付:前田清実・ボビー吉野)
  • KEI ONO DANCE NUTS公演 「踊らせて鳥のように Vol.2」
      (1991年3月、新宿シアターサンモール、作/演出:森泉博行、演出:小野恵子) 元ジャニーズJr.中本雅俊と共演
  • 少年隊ミュージカル PLAYZONE ’91 「SHOCK」
      (1991年、青山劇場・大阪フェスティバルホール) 「NOCHIN」名義で出演
  • KEI ONO DANCE NUTS公演 「踊らせて鳥のように Vol.3」
      (1992年3月、新宿シアターサンモール、作/演出:森泉博行、演出:小野恵子)
  • 音楽劇 「ご親切は半分に…」
      (1997年3月20日 - 29日、東京国際フォーラム) 唐津トミオ役

ラジオ

乃生佳之

  • モアーズミュージックワイド (ニッポン放送) ゲスト出演
  • のおちんのミッドナイト・デイト
  • 理佐とノオチンのDOKIDOKIトーク1.5
       (1988年、文化放送『15はドキドキ ピンクコング ’88』内) 立花理佐との共演番組
  • ナヴィとノオチンの今夜もグラッチェ
      (1989年、文化放送『15はドキドキ ピンクコング 3』内)
       「ナヴィ」こと細川直美との共演番組。
  • 明星 ノオチンと太田さんのピンコン二人旅 (1989年、文化放送)
      太田英明アナウンサーとの共演番組。 CHA-CHAの西尾拓美がよくゲスト出演していた。
  • さだまさしのセイ!ヤング (1989年 - 、文化放送)
       西村知美や西尾拓美と共に度々ゲスト出演していた。
  • 放送作家だよ!全員集合 (文化放送) 小森まなみと共にパーソナリティを務めた1日だけの特番
  • 超学生ハビタ となりのハチャメちゃん (1991年2月4日、文化放送) ゲスト出演

細野謙治

  • 明石家さんまのおしゃべりツバメ返し
      (さんまとトミー以外のレギュラー陣:大倉利晴、伊藤加奈子、奥貫薫)
      (1988年10月 - 1991年3月、TBSラジオ、JRN系)
  • 明石家さんま・トミー・大岩賞介・藤沢めぐみのヤングタウン日曜日
      (通称:『ヤンタンスペシャルサンデー 明石家さんまの何でもこい!』)
      (1992年1月 - 9月、MBSラジオ)
  • 明石家さんま・玉井健二・加藤紀子のヤンタン土曜日
      (1992年10月 - 1995年) 不定期でゲスト参加

CM

乃生佳之

  • 江崎グリコ 「アーモンドチョコレート」 (1981年、田原俊彦、犬と)

イベント

乃生佳之

  • のおちんのALTAサンデー情報局 (1992年 - 1995年、新宿アルタ・バルコニーステージ)

ステージ

  • 頑張れ!ニューヤンキース (1978年8月12日&13日、浅草国際劇場)
      「ディスコ・メイツ」名義での出演。 北公次スリーヤンキースギャングスと共演。
      ディスコ・メイツは、アースウィンド&ファイアーの楽曲『アフリカーノ』に乗せてダンスを披露。 この曲でのダンスは、後に少年隊にも引き継がれた。
  • ヤング!ロックン・ロール・フィーバー
      (1978年10月27日:「ギャングス」のバックダンサーとして「ジャパニーズ」名義で出演。10月28日&29日:川ア麻世とギャングスのバックダンサーとして出演。日本劇場)
  • サヨナラ日劇FESTIVAL (1981年2月11日、日本劇場)
       たのきんトリオ、ジャニーズJr.と共に出演。

乃生佳之

  • 夏 長崎から さだまさし (1990年 - 1996年、さだまさしの恒例野外コンサート)


ディスコグラフィ

ビデオ

  • 田原俊彦 7 Years' Memory (1986年6月19日)
       ジャPAニーズの4人が、田原を囲んでの懐かしトークゲストとして出演。

乃生佳之・シングル

  • だいじょうぶ マイ・フレンド (1983年3月21日)
      映画『だいじょうぶ マイ・フレンド』エンディングテーマ。 売り上げ枚数:5.6万枚。 加藤和彦、広田玲央名、渡辺裕之の3名との競作シングルだが、実際に映画のエンディングに採用されたのは乃生のバージョンだった。 丸10年後の1993年3月21日に北畠美枝がカバー。
  • さだまさしのシングル 『“長崎から雲仙へ” c/w SMILE AGAIN』 (1992年9月25日)
      乃生はB面曲の「SMILE AGAIN」に、都はるみ、小田和正、TSU-BA-SA、バンド「135」、佐田玲子、栗山英樹、田尾安志、西尾拓美、西村知美、いまむら瞭、姫野真也と共にゲスト参加した。

乃生佳之・アルバム

  • だいじょうぶ マイ・フレンド オリジナル・サウンド・トラック (1983年4月21日)
       乃生のシングル『だいじょうぶ マイ・フレンド』を収録。
  • キャニオン アイドル神話 (1987年7月21日、2枚組)
       乃生のシングル『だいじょうぶ マイ・フレンド』を収録。
  • 世にも素敵な物語 〜ミステリー・トレインに乗って〜 (1995年11月21日)
       声優・深見梨加とのデュエットアルバム。
  • 加藤和彦作品集 (2012年10月3日)
       乃生のシングル『だいじょうぶ マイ・フレンド』を収録。


書籍

  • 田原俊彦論 芸能界アイドル戦記 1979 - 2018 (岡野誠 著、2018年6月25日、青弓社)
      乃生がインタビュー協力。
  • 女性セブン (2021年2月18・25日号、小学館)
      ボビー吉野・ひろみ夫妻へのインタビュー記事「ジャニーズの礎を築いた伝説の振付師が選ぶ歴代ダンスNo.1は?」。

写真集

  • ミステリー・トレインに乗って 世にも素敵な物語 〜 深見梨加写真集
       (1995年10月、キネマ旬報社) 乃生が共演掲載


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.