安達明 - ジャニーズ百科事典
ジャニーズ百科事典

目次→

安達明

  
 


安達 明(あだち あきら、本名:長田晴夫、1948年9月4日 - 2011年5月20日)は、福岡県北九州市八幡西区本城生まれ、千葉県育ちの元・青春歌謡歌手。 愛称:アキ。 62歳没。 兄弟は兄が一人。
あまり知られてはいないが、初代ジャニーズのメンバーであった。


目次



来歴

  • 1948年9月4日に、福岡県北九州市八幡西区本城で生まれる。 歌謡曲ファンだった父親に、流行歌手・岡晴夫から引用して「晴夫」と名付けられる。 その後、千葉県に転居。

  • 13歳より、作曲家・編曲家の小杉仁三の下で週に1回、歌のレッスンを受ける。

  • 1962年3月1日、中学1年の終わりに、TBSテレビ『10人抜きのど自慢』の初回放送にて、初代チャンピオンとなる。 その後、破れてチャンピオンの座は降りたが、間もなくしてジャニー喜多川より、
    「長田くん、君の歌をきいて、すばらしい才能に驚きました。私は日本に立派なミュージカル・チームを作るため少年達を集めて養成しています。是非、遊びにいらっしゃい。もし良かったら、君も仲間に入りませんか」
    と書かれた手紙を貰い、スカウトされる。 そして「芸研」にて、ジャニーズのメンバーと一緒にレッスンを受けるようになった。
     
    (後にジャニーズの面々と再会した際の記事。『月刊明星』 1964年12月号 「スター同士の秘められた友情」より)

  • 1963年1月、中学2年の終わりに長田もジャニーズのメンバーとなり、5名で「日劇ウエスタン・カーニバル」に出演。 伊東ゆかり(当時:伊藤ゆかり)の『ロコモーション』のバックダンサーを務めた。 しかしその後、長田はグループを抜け、ジャニー喜多川の下からも離れ、芸能事務所「国際アートセンター」に所属して青春歌謡歌手の道を目指す。

  • 中野区城山町(現在の町名は中野区中野)のアパート「鈴木荘」で兄と2人暮らしをしながら、高校1年の1964年5月20日、「安達 明」の芸名で、遠藤実の作曲によるシングル『潮風を待つ少女』にて日本コロムビアよりレコードデビュー。 続いて同年8月に発売された2ndシングル『女学生』が大ヒットとなった。
    芸名の由来は、雑誌『女学生の友』に連載されていたジュニア小説『潮風を待つ少女』(佐伯千秋 著、集英社)の登場人物“安達明”から。 デビュー曲のタイトルも同小説と同じ名前。 橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の「御三家」に続く歌手「二代目 御三家」(安達明、梶光夫、久保浩)として、女学生たちの間で人気を博した。
    やがて、雑誌の表紙を飾ったり、住まいも中野区から参宮橋の近くへと移っていった。
       
       『週刊マーガレット』(1965年7月4日号)。 右は寺尾真知子 (後の宝塚女優・北原千琴)。

  • 7枚目のシングル『昭和少年ぶし』の頃までは勢いもあったが、その後徐々に低迷し始め、デビューからわずか3年半、19歳で芸能界を引退した (最後の1年間はブランクのため、実質2年半の活動)。  所属していた日本コロムビアでは、未発表曲を含めて計37曲の録音を残した。

  • 芸能界引退後は、本名の「長田晴夫」名義でエレクトーン奏者となり、池袋などで弾き語りライブをした他、銀座7丁目の地下のスナック「ぎんざ 千倉 (ちくら)」(2019年8月に閉店)での弾き語り活動を経て、同じく銀座7丁目でクラブ「みずき」を経営。 同時に兄の建設会社で役員もしていた。 また、しばしばテレビ番組に招かれ、歌を披露することもあった。
    更にその後は、千葉県市川市に住みながら、再び銀座のスナック「ぎんざ 千倉 (ちくら)」で弾き語りをしていた。

  • 2011年5月20日に逝去。 62歳没。 しかしその訃報はメディアでは報じられなかったため、死因は不明。
    東松戸駅にほど近い霊園の墓石には、自身最大のヒット曲である2ndシングル『女学生』の冒頭部分の歌詞 「うすむらさきの藤棚の 下で歌ったアベ・マリア」 の文字が彫られている。


人物

  • 好きな食べ物 - シュークリーム

  • 好きな色 - 白、青

  • 嫌いな色 - 黒 (自分に似合わないから)

  • 好きな花 - ピンク色のカーネーション

  • 長所 - 素直で優しい

  • 弱点 - 方向音痴

  • 自分の体で気になる所 - 歯並びの悪さ

  • 高校は、かつて杉並区大宮にあった男子校の私立高千穂高等学校出身。 高校の同級生にはトニー谷の長男・大谷正美が居た。 そして3学年後輩には、トニー谷の次男であり、「アウト・キャスト」や「ハイ・ソサエティー」のメンバーにもなった大谷克己が居た他、逆に3学年先輩には、「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」の三原綱木も居た。

  • 北海道出身の女性と結婚し、1974年9月15日に長男をもうけた。 長男は、埼玉県吉川市にてイタリアンレストラン「ピッツァ&パスタ affetto (アフェット)」を2011年にオープン。  同店では、亡き安達を偲んでファンの集い「青春歌謡を聴きながらイタリアンを楽しむ夕べ」も2012年3月23日に開催されたが、長男は椎間板ヘルニアのために2012年9月で店から退き、以降は知人に店を任せていたが、翌2013年に閉店となった。


その他

  • 大阪の某ゲイバーのママが、「自分は九州出身で元芸能人の安達明である」と称して営業し、『エンカメ』、『ちちんぷいぷい』、『胸いっぱいサミット!』、『玉ちゃんの人生酒場 〜唄は夜につれママにつれ〜』など、数多くのテレビ番組に堂々と出演したり、オンエアには乗らなかったが三重テレビ『夢・元気人』のライブショーにも出演してステージで歌を披露したが、これは安達の名をかたった偽者である。
    また、安達はグラフィックデザイナーに転身して1995年4月3日に都内で広告代理店を設立したという情報も存在するが、これも安達の本名と同姓同名なだけの別人である。

  • 2019年4月13日放送のラジオ番組『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』(ニッポン放送)に、ムード歌謡漫談家のタブレット純がゲスト出演した際、「タブレット純がセレクトするおすすめのジャニーズ歌謡」として、安達のデビュー曲『潮風を待つ少女』と、飯野矢住代が作詞したザ・スパイダースの『なればいい』を紹介し、非常にマニアックな選曲ぶりを見せた。


主な出演作品

映画

  • われら劣等生 (1965年3月13日、松竹) 清水哲夫役
        (右は田村正和)
  • 馬鹿っちょ出船 (1965年8月21日、松竹) 三郎役
       

歌番組

  • 総決算 ’85 懐かしの歌謡曲 リクエスト競演! (1985年) 『女学生』を披露
  • 総決算 ’86 懐かしの歌謡曲 リクエスト競演! (1986年) 『女学生』を披露
  • 他多数


ディスコグラフィ

シングル

  1. 潮風を待つ少女 c/w 海の虹 (1964年5月20日)
  2. 女学生 c/w 夕焼けの丘 (1964年8月)
      安達にとって最も売れたシングル。 A面曲は森昌子が2ndアルバム『中学三年生』(1973年)にてカバー。
  3. 友情 c/w 赤いカンナが咲いていた (1964年10月)
  4. 春を待つ少女 c/w エミーの肖像 (1964年12月)
  5. 僕のカーネーション c/w 明日と握手 (1965年2月)
      B面曲は、ABCラジオの音楽番組『クレハ・ホームソング』内で制作された楽曲。
  6. 学園のハムレット c/w 君の涙を忘れない (1965年)
  7. 昭和少年ぶし c/w さよならは美しく (1965年)
  8. さんざしの花咲けば c/w 夕焼け雲と母とぼく (1965年)
      舟木一夫が1967年8月にシングル『夕笛』のB面曲としてリリースした『さんざしの花咲けば』は同名異曲。
  9. 初恋 c/w コバルトの海 (1965年10月)
  10. 十七才のブルース c/w 風の町かど (1966年2月)
  11. 涙のむこうに c/w 夕顔の人 (1966年6月)
  12. 蒼いカシオペア c/w 仲間に会うまで (1966年9月) 「安達明とザ・フェニックス」名義
      ザ・フェニックスのメンバーは、安達が通っていた高千穂高校の同級生たち。 1968年に寺内タケシの事務所「寺内企画」からバニーズの弟分バンドとしてデビューした同名のカルトGSグループ「ザ・フェニックス」とは無関係。
       
  13. 悲恋 c/w あの娘の名前はしあわせクン (1967年10月)
      A面曲は、設定、歌詞、イントロの曲調とも、美樹克彦『花はおそかった』(1967年3月発売)のパクリ、歌唱法も、布施明『霧の摩周湖』(1966年12月発売)の模倣だと言われている。

4曲入りEP

  1. 安達明と僕のカーネーション (1965年)
       僕のカーネーション / 春を待つ少女 / 学園のハムレット / 昭和少年ぶし

10インチレコード

  1. 安達明のヒット・ショー (1964年)

       

ソノシート

  1. アンコ椿は恋の花 c/w 女学生
      非売品ソノシート。『アンコ椿は恋の花』は都はるみの曲。 『女学生』が安達の曲。 共に本人による挨拶コメント入り。
         
  2. アキのヒットソング 安達明特集 (1965年春、4枚組)
    • 女学生 c/w 潮風を待つ少女
    • 友情 c/w 赤いカンナが咲いていた
    • 僕のカーネーション c/w 春を待つ少女
    • 明日と握手 c/w 夕焼けの丘

ベストアルバム

  1. CD文庫 1800 安達明 女学生 (1994年9月21日)
      2010年11月22日にCD-R仕様のオンデマンドCDとして復刻。

       

  2. コロムビア 青春スター 梶光夫・安達明・有田弘二
       (2011年2月10日、通販限定7枚組CD-BOX、定価:1万5,000円)

       

  3. 安達明 ゴールデン★ベスト (2012年2月1日)

       

オムニバスアルバム

  1. ステレオ コロムビア歌のハイライト (第6集) (1964年12月、LP)
      『潮風を待つ少女』を収録。
  2. 懐かしの青春讃歌 (1990年、10枚組CD-BOX)
      Disc 1に『女学生』、Disc 5に『潮風を待つ少女』を収録。
  3. 歌謡曲黄金時代 12 柔 (1991年)
      『女学生』を収録。
  4. 恋すれど廃盤 ベストコレクション Disc12 白いサンゴ礁 (1992年3月26日)
      『女学生』を収録。
  5. 20世紀の軌跡 アイドルの時代 前半史 (4) 女学生〜白馬のルンナ (1999年12月18日)
      『潮風を待つ少女』、『女学生』の2曲を収録。
  6. コロムビア・アワー 歌謡ヒット・パレードX 高校三年生 (2005年5月18日)
      『潮風を待つ少女』、『女学生』の2曲を収録。
  7. ザ・ベスト 青春歌謡のすべて 〜高校三年生〜 (2012年3月21日)
      『潮風を待つ少女』、『女学生』の2曲を収録。
  8. 決定盤 ! ! 懐かしの青春歌謡 ベスト30 (2014年5月16日。2枚組CD)
      Disc 1に『女学生』を収録。

レコーディングしたが発売されなかった楽曲

  • 僕のこと愛してごらん
      安達の代わりに有田弘二がシングルとしてリリースした。
  • 赤いリンゴの並木路
      安達の代わりに有田弘二がシングル『僕のこと愛してごらん』のB面曲としてリリースした。
  • 星を下さいこの僕に
    以下の6曲に限り、2011年2月10日発売の通販限定7枚組CD-BOX『コロムビア 青春スター 梶光夫・安達明・有田弘二』(定価:1万5,000円)にてCD化された。
  • 銀座の少女 (録音:1965年2月)
  • 父母よ (録音:1965年5月)
  • 真白き富士の根 (七里ヶ浜の哀歌)
  • 僕の両手にさあおいで
  • 恋の貝がら
  • 君がいなければ


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より改訂
Text is available under




We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.