ジャニーズ百科事典





ANKH

    


ANKH(アンク)は、かつてジャニーズ事務所に所属していたバンドグループ。
1980年結成。 1982年3月解散。  前身ユニットはギャングス


 


メンバー

  • 柴谷英樹 (しばや ひでき、後の東真司、1960年11月21日生まれ)
       東京都小平市出身。 サイドギター、リードボーカル担当。

  • 大野祥孝 (おおの よしたか、1962年2月15日生まれ)
       東京都練馬区出身。 キーボード、ボーカル担当。

  • 長谷部徹 (はせべ とおる、1963年6月21日生まれ)
       千葉県習志野市出身。 ドラム担当。

  • 松原秀樹 (まつばら ひでき、1961年11月2日生まれ)
       大阪市住吉区出身。 ベース、ボーカル担当。 伊藤脱退後のリーダー。

  • 曽我泰久 (そが やすひさ、1963年1月7日生まれ)
       東京都北区赤羽出身。 リードギター、ボーカル担当。

脱退メンバー

  • 伊藤栄悟 (いとう えいご、1959年5月4日生まれ)
      愛知県名古屋市生まれ、長野県松本市育ち。 リードギター、ボーカル担当。 初代リーダー。


概要

  • 川ア麻世などのバックバンドとして活動していた「ギャングス」に、新たにリードボーカルの柴谷英樹と、音楽経験の豊富な伊藤栄悟とを迎えることで生まれたバンド。

  • 1980年7月21日、『24時間テレビ 「愛は地球を救う」3』のイメージソング『イマジネーション』にて、フォーライフ・レコードよりデビューした。

  • グループ名の由来は、「生命の象徴」として古代エジプトが用いた象形文字「音楽の生命」を見つめなおすことから出発したいと考えでできたと言われている。

  • メンバーの柴谷樹は、当時よく「柴谷樹」と誤表記されることが多かった。 当時のアイドル誌、レコードの歌詞カード、映画『ハイティーン・ブギ』出演時のクレジットなど、あらゆる場所で「秀樹」と誤表記されている。

  • 自分達のオリジナル楽曲の他にも、山下達郎や浜田省吾などの曲をよくステージで披露していた。

  • 1982年3月、「新宿RUIDO」で行われたライブで解散した。

解散後

  • 柴谷英樹は事務所を退所。 後に「東真司」に改名し、映画監督に転身。

  • 曽我泰久は事務所に残り、「THE GOOD-BYE」のメンバーとして活躍した。

  • 大野祥孝は事務所を退所。 1984年に、知人の紹介でホリプロ傘下の音楽制作&ミュージシャン派遣会社「新音楽協会」へ入社。 ミュージシャンのコーディネートを主に、タレントのマネージメントや音楽制作も担当。 やがて、新音楽協会の常務取締役、および「東京音楽事業者連盟 (略称:音事連)」の理事に就任した。
    また、2003年より、数多くのテレビドラマで劇伴制作をするようになった他、2007年には映画『クローズZERO』のレコーディング・コーディネーターを務めた。
    曽我の2010年5月19日付のブログにて、大野の近影が掲載される。 [1]
    2013年1月、大野が理事を務める東京音楽事業者連盟が、日本音楽スタジオ協会、演奏家権利処理合同機構MPNと共に、新団体「レコーディング三者協議会」(通称:Recording Forum、略称:ref)を設立。

  • 伊藤栄悟はデビュー後半年ほどで病気療養のために入院し、1981年に脱退、および事務所を退所。 1989年に豊川誕が結成したバンド「MESSIAH (メサイア)」にギタリストとして参加した。


主な出演

バラエティ番組

  • NTV紅白歌のベストテン (1980年7月21日、日本テレビ)


ディスコグラフィ

シングル

  • イマジネーション c/w 至近距離 (クローズ・アップ) (1980年7月21日)
      A面曲は日本テレビ『24時間テレビ 愛は地球を救う』のイメージソング。 B面曲の作曲は曽我、作詞は松本隆。

  • 未来に向って c/w 鉄腕アトム (1980年10月21日)
      ANKHが担当している楽曲は、日本テレビ系アニメ『鉄腕アトム』のエンディングテーマでもあったA面の『未来に向って』のみ(作詞:手塚治虫、作曲:三枝成彰)。  なお、『鉄腕アトム』がアメリカやフランスで放送された際、この曲も外国の歌手によって、英語やフランス語でもカバーされた。

  • 愛の星 c/w フウムーンのテーマ (1981年3月)
      ANKHが担当したのはA面の『愛の星』のみ。 B面はインストゥルメンタル曲。
      『愛の星』は、1980年8月31日に放送された日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」3』内のスペシャル手塚アニメ『フウムーン』の挿入歌。

  • SHE・愛・最前線 c/w ふりむくなオンナ達 (1981年6月21日)

アルバム

  • 鉄腕アトム オリジナル サウンド・トラック (1980年12月5日)
      日本テレビ系アニメ『鉄腕アトム』のサントラ盤。
      この中でANKHは「僕らは愛のメッセンジャー」、「未来に向って」、「鉄腕アトム」、「翼あるものたち」の4曲を担当。 2003年3月26日にCDで復刻。2009年10月21日にはSHM-CD仕様で再び復刻された。  また、2003年4月2日に発売されたサントラCD『鉄腕アトム ソング・コレクション』にも、ANKHの4曲が収録されている。

  • FIRST WAVE (1981年8月5日)
      2013年1月23日に「MEG-CD」としてCD化。 「MEG-CD」とは、客からのオーダーを受け、ライセンス許可された店舗でのみ生産販売可能なシステム。 盤の仕様はCD-R。
    • A面
      1. SHE・愛・最前線
      2. リメンバー・シーズン
      3. ストーンズにあこがれて
      4. 至近距離 (クローズ・アップ)
      5. サン・ゴーズ・ダウン
    • B面
      1. ふりむくなオンナ達
      2. センチメンタルロッカーズ (曽我がリードボーカル)
      3. 白い夜 (サイレント・ナイト) (松原がリードボーカル)
      4. エンジェル・アイズ (大野がリードボーカル)
      5. イマジネーション


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Johnny's Encyclopedia. No rights reserved.